不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

子育て 核酸

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜アレルギー疾患の予防・改善〜

投稿日:08/18/2017 更新日:


Sponsered Link

核酸がIgE抗体の産生を抑える

 

 この20年ほどの間で患者数が激増したアトピー性皮膚炎や花粉症。これらの病気には、血液中のIgEと呼ばれる抗体が増えるという共通の特徴があります。病原菌などの異物(抗原)が外から侵入してきたとき、ごく短時間で症状が現れるタイプのアレルギー疾患を一般に「I型アレルギー」と呼んでいますが、アトピーや花粉症をはじめ、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどはいずれもI型アレルギーの代表的なものです。

 

 このIgE抗体は、痛みやかゆみ、湿疹などの原因であるヒスタミンやロイコトリエンといった神経伝達物質の産生に深く関与しているため、アレルギー疾患特有の症状が現れるようになります。

Sponcsered Link

 IgE抗体は、外から異物が侵入してきたときにB細胞で産生されるもので、その産生はTh1とTh2のバランスがTh2優位になったときに増え、アレルギーになります。

 

 こうしたI型アレルギーに対して、核酸はどのように作用するのでしょうか。

 

 かつて乳業メーカーでは、核酸の抗アレルギー作用を調べる目的でマウスを使った実験を行いました。マウスに母乳とほぼ同じ組成の核酸(ヌクレオチド)を添加した飼料を経口摂取させるグループと、無添加の飼料を摂取させるグループに分けて、数週間後に血液中のIgE抗体を調べた結果、核酸入りの餌を食べたグループの方が格段にIgE抗体が低下していたことが確認されました。同様の結果は、九州大学医学部と遺伝子栄養学研修所によっても報告されています。その理由はすでに述べたように、核酸にはTh1・Th2のバランスをTh1にシフトさせる作用があるからです。

Sponcered Link

-子育て, 核酸

執筆者:


  1. […] 「赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜アレルギー疾患の予防・改善〜」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

母乳で育てることの問題点と赤ちゃんに与える影響

Sponsered Link 母乳で育てることの問題    赤ちゃんを母乳で育てるうえで、残念ながらいくつかの問題点が指摘されていることも事実です。それを事前に知っておけば、赤ちゃんの健康に …

母乳で育った赤ちゃんと粉ミルクで育った赤ちゃんの違いが激しすぎる件

Sponsered Link 発育に不可欠な核酸    母乳には赤ちゃんに必要なすべての栄養素が、人間特有の発育過程に適合した状態で入っている。    しかし、母乳に含まれている栄 …

これだけは知っておくべき母乳に含まれる重要な栄養成分

Sponsered Link 母乳に含まれているパーフェクトな栄養成分    文明や科学の進歩は、私たちに便利で豊かな生活をもたらしました。赤ちゃん用の粉ミルクも、科学の進歩によって作り出さ …

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜絨毛の発育促進と腸内環境〜

Sponsered Link 腸管免疫を活性化    腸の上皮組織には、絨毛と呼ばれる無数の突起があります。絨毛は胃や腸で消化した栄養を体内に吸収させる役割があると同時に、病原菌などの異物( …

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜免疫力を高める〜

Sponsered Link 免疫力の低下が病気の原因    母乳で育った赤ちゃんと粉ミルクで育った赤ちゃんを比較すると、どういうわけか病気に対する抵抗力やアレルギーなどの体質にはっきりと差 …