不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

子育て 核酸

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜アレルギー疾患の予防・改善〜

投稿日:08/18/2017 更新日:


Sponsered Link

核酸がIgE抗体の産生を抑える

 

 この20年ほどの間で患者数が激増したアトピー性皮膚炎や花粉症。これらの病気には、血液中のIgEと呼ばれる抗体が増えるという共通の特徴があります。病原菌などの異物(抗原)が外から侵入してきたとき、ごく短時間で症状が現れるタイプのアレルギー疾患を一般に「I型アレルギー」と呼んでいますが、アトピーや花粉症をはじめ、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどはいずれもI型アレルギーの代表的なものです。

 

 このIgE抗体は、痛みやかゆみ、湿疹などの原因であるヒスタミンやロイコトリエンといった神経伝達物質の産生に深く関与しているため、アレルギー疾患特有の症状が現れるようになります。

Sponcsered Link

 IgE抗体は、外から異物が侵入してきたときにB細胞で産生されるもので、その産生はTh1とTh2のバランスがTh2優位になったときに増え、アレルギーになります。

 

 こうしたI型アレルギーに対して、核酸はどのように作用するのでしょうか。

 

 かつて乳業メーカーでは、核酸の抗アレルギー作用を調べる目的でマウスを使った実験を行いました。マウスに母乳とほぼ同じ組成の核酸(ヌクレオチド)を添加した飼料を経口摂取させるグループと、無添加の飼料を摂取させるグループに分けて、数週間後に血液中のIgE抗体を調べた結果、核酸入りの餌を食べたグループの方が格段にIgE抗体が低下していたことが確認されました。同様の結果は、九州大学医学部と遺伝子栄養学研修所によっても報告されています。その理由はすでに述べたように、核酸にはTh1・Th2のバランスをTh1にシフトさせる作用があるからです。

Sponcered Link

-子育て, 核酸

執筆者:


  1. […] 「赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜アレルギー疾患の予防・改善〜」 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

生命活動を司る2種類の核酸・DNAとRNA

Sponsered Link 2種類の核酸が生命活動を司る    赤ちゃんを育むために作られた偉大なる知恵の宝庫・母乳。この最高傑作は、もとを正せばお母さんの遺伝子(DNA)、すなわち核酸に …

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜絨毛の発育促進と腸内環境〜

Sponsered Link 腸管免疫を活性化    腸の上皮組織には、絨毛と呼ばれる無数の突起があります。絨毛は胃や腸で消化した栄養を体内に吸収させる役割があると同時に、病原菌などの異物( …

活性酸素による遺伝子損傷と活性酸素を過剰に生成させてしまう5つの原因

Sponsered Link 活性酸素が遺伝子を傷つける    活性酸素が引き起こす化学反応は、遺伝子を傷つけ、ガンのみならず、動脈硬化、心臓病、糖尿病をはじめとしたあらゆる生活習慣病の根本 …

病気や老化の原因と遺伝子を損傷させるもの

Sponsered Link 病気や老化の原因    DNAは生命の設計図、そしてその中に納められた遺伝子には親から子へと受け継がれた膨大な遺伝情報が記録されています。つまり、子供のDNAは …

粉ミルクの種類・特徴と選ぶ際のポイント

Sponsered Link 「母乳で育てたいけど、どうしても出ない」 「体の具合が悪くて、授乳が負担になる」  このような場合は、粉ミルクで育てることになります。母乳で育てられないのは確かに残念です …