不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

幹細胞と万能細胞の違いは?

投稿日:08/15/2015 更新日:


Sponsered Link

 幹細胞とは臓器を修復する能力(これを再生能力と言います)をもった特別な細胞であると、「幹細胞とはなにか?」でお話しました。それに対し万能細胞とは、もっと普遍的にどんな細胞にも変化することができて、どんな傷でも治すことのできる能力(多分化能)と、そういう細胞に変化しても細胞分裂を行うことで自分自身のコピーを生みだし、その万能性を失わない能力(自己複製能)をあわせもっている細胞です。いわば幹細胞の王様で、その代表的なものが受精卵です。

 

 つい最近まで、私たちの哺乳類のような高等動物は、成長した体内には受精卵のような万能細胞が存在せず、消滅してしまっていると考えられてきました。実際に今の医学教育においてもヒトの体内に万能細胞など存在しないことを前提に治療理論が構築・講義されています。

 

 一方、かなり昔から、プラナリアという生物は、体の中にどんな細胞でも生みだすことのできる万能細胞が存在していることが知られていました。すなわち体を半分に切ると、切り口に万能細胞が集まって体の足りない部分の細胞をどんどん生み出していくため、体全体をもとどおりに再生することができるのです。このように、どんな器官にもなりうる多分化能をもった細胞のことを万能細胞といいます。

Sponcsered Link

sabah-malaysia-borneo-16161569-l(プラナリア)

 私たち高等動物は、もちろん傷を治したり病気から立ち直ったりするために必要な幹細胞を体内にもっていますが、幹細胞の王様、オールマイティーな万能細胞は消滅していて、手に入れることはできないということになっています。われわれ自分自身が実際にもっている幹細胞の能力は非常にかぎられているため、数種類の細胞しかつくることができず、再生能力にも限界があります。しかし、受精卵の発生段階における初期胚で、受精卵を同じようにあらゆる細胞に分化する能力をもつ万能細胞である胚性幹細胞を治療に利用すれば、現在の治療倫理体系では絶対に不可能な病気の治療ができるはずだと考えられてきました。しかし胚性幹細胞は受精卵からつくられるため、生命の可能性を壊すことになり、生命倫理的に問題視されてきたのも事実です。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

老化は万能細胞で止められるのか?

Sponsered Link  私たちは1個の受精卵から始まり、赤ちゃんとし誕生し、子供から大人になります。月日が経つにつれて老化し、肌にしわやたるみがでたり、病気が治りにくくなったりしていきます。老 …

no image

人体は約60兆個もの細胞の集合体

Sponsered Link  ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。ある試算では、これらの細胞のうち1日で約3000億個が死に、この数を補うように毎日新しい細胞が誕生しているともいわれ …

no image

変わらない遺伝子、変わる細胞

Sponsered Link これまで細胞についていろいろお話してきました。受精卵は非対称性の細胞分裂を繰り返し、いろいろな役割をもった細胞を200種類以上つくりだします。その後、これらつくりだされた …

no image

単細胞生物と多細胞生物の違い

Sponsered Link 単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、あ …

no image

なぜ万能細胞は期待されるのか?

Sponsered Link  万能細胞とは「どんな期間・臓器にもなりうる多分化能をもった細胞」とお話してきました。では、いったいこの万能細胞を使うことでなにが期待できるのでしょうか? ある程度知識を …