不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

幹細胞と万能細胞の違いは?

投稿日:08/15/2015 更新日:


Sponsered Link

 幹細胞とは臓器を修復する能力(これを再生能力と言います)をもった特別な細胞であると、「幹細胞とはなにか?」でお話しました。それに対し万能細胞とは、もっと普遍的にどんな細胞にも変化することができて、どんな傷でも治すことのできる能力(多分化能)と、そういう細胞に変化しても細胞分裂を行うことで自分自身のコピーを生みだし、その万能性を失わない能力(自己複製能)をあわせもっている細胞です。いわば幹細胞の王様で、その代表的なものが受精卵です。

 

 つい最近まで、私たちの哺乳類のような高等動物は、成長した体内には受精卵のような万能細胞が存在せず、消滅してしまっていると考えられてきました。実際に今の医学教育においてもヒトの体内に万能細胞など存在しないことを前提に治療理論が構築・講義されています。

 

 一方、かなり昔から、プラナリアという生物は、体の中にどんな細胞でも生みだすことのできる万能細胞が存在していることが知られていました。すなわち体を半分に切ると、切り口に万能細胞が集まって体の足りない部分の細胞をどんどん生み出していくため、体全体をもとどおりに再生することができるのです。このように、どんな器官にもなりうる多分化能をもった細胞のことを万能細胞といいます。

Sponcsered Link

sabah-malaysia-borneo-16161569-l(プラナリア)

 私たち高等動物は、もちろん傷を治したり病気から立ち直ったりするために必要な幹細胞を体内にもっていますが、幹細胞の王様、オールマイティーな万能細胞は消滅していて、手に入れることはできないということになっています。われわれ自分自身が実際にもっている幹細胞の能力は非常にかぎられているため、数種類の細胞しかつくることができず、再生能力にも限界があります。しかし、受精卵の発生段階における初期胚で、受精卵を同じようにあらゆる細胞に分化する能力をもつ万能細胞である胚性幹細胞を治療に利用すれば、現在の治療倫理体系では絶対に不可能な病気の治療ができるはずだと考えられてきました。しかし胚性幹細胞は受精卵からつくられるため、生命の可能性を壊すことになり、生命倫理的に問題視されてきたのも事実です。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

単細胞生物と多細胞生物の違い

Sponsered Link 単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、あ …

no image

死なない遺伝子とかならず死ぬ細胞

Sponsered Link  スピルバーグが映画化し、全世界で大ヒットを飛ばした『ジュラシック・パーク』をご覧になった方は多いことでしょう。コハクの中に閉じ込められ化石となった蚊が大昔に吸った恐竜の …

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

数万年を数時間で再現する発生〜1つの受精卵〜

Sponsered Link  生物は、単細胞生物から多細胞生物へと進化し、多細胞生物のなかでさらに高等生物へと進化してきました。そしてこのように進化してきた生物の歴史は、高等生物になっても発生の段階 …

no image

DNAは生命の「基本的計画」

Sponsered Link  先ほども説明しましたが、核と呼ばれる場所に遺伝子が存在しています。この遺伝子はどういったものなのでしょうか?    1つの細胞には1つの核があります。細胞が2 …