不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

幹細胞とはなにか?

投稿日:08/15/2015 更新日:


Sponsered Link

 転んで足をすりむいた程度なら、多少血がにじんでもやがてその血は止まるし、かさぶたができそれが取れてもとの皮膚に戻ることを、多くの人は「あたり前」の現象だと感じています。しかし、このあたり前に思える現象も、注意深く考えれば決してあたり前ではないことがわかります。なぜなら、傷の深さが数ミリ、範囲が数センチ程度の「かすり傷」程度であれば、このあたり前の現象は起こるでしょう。しかし、その傷の範囲がもう少し深く、広くなるとどうなるでしょうか? それでもまだ大丈夫ですが、それより深くなれば今度はどうなるのか・・・・。

 

 こう考えると「あたり前」の現象は、無制限・無条件に起こるわけではないということが理解できます。皮膚の再生というあたり前の現象が起きなくなる限界。この限界が、われわれヒトという種がもつ表皮幹細胞の性能限界と考えると、幹細胞が理解できるでしょう。この性能限界を超えた「すり傷」、たとえば深さ5ミリ、範囲はすべての皮膚の「損傷」を受けたヒトは、再生が追いつかず、やがて人体そのものも死に至ります。

Sponcsered Link

 

 この例で、皮膚の再生の役目をになっているのが表皮膚幹細胞なのです。表皮膚幹細胞は、傷ついたり古くなった表皮細胞を入れ替えるために新しい表皮細胞をつくっています。このように一般的に幹細胞は、新しい臓器(表皮)を無からつくりだす能力(多分化能)をもっています。そしてその能力は細胞分裂をしても失われることはありません。つまり幹細胞は、この再生能力と細胞分裂を経て新しい臓器(表皮)をつくっている一方、その再生能力を維持できる能力(自己複製能)を合わせ持っている細胞なのです。ちなみにもっと広い意味での幹細胞という名の名前は、細胞系譜(受精卵から成体に至るまでの各細胞の文化の道筋を明らかにしたもの)の幹になることから名付けられました。この幹細胞ですが、実にさまざまな種類があります。

 たとえば傷ついた皮膚を再生させるために働く幹細胞は、皮膚しかつくりだすことはできません。こうした範囲はせばまるものの臓器や組織を再生させる能力を保ったものを体制幹細胞といい、表皮系幹細胞のほか、造血幹細胞神経幹細胞筋肉幹細胞肝臓幹細胞などが知られています。

幹細胞の多分化能

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

人工授精と再生医療

Sponsered Link  配偶子(卵子と精子)には問題がなく、卵管や精子数などそれ以外の原因で子供ができない夫婦のために、人工授精すなわち、体外受精と呼べれている技術が使われています。体外受精は …

no image

DNAは生命の「基本的計画」

Sponsered Link  先ほども説明しましたが、核と呼ばれる場所に遺伝子が存在しています。この遺伝子はどういったものなのでしょうか?    1つの細胞には1つの核があります。細胞が2 …

no image

変わらない遺伝子、変わる細胞

Sponsered Link これまで細胞についていろいろお話してきました。受精卵は非対称性の細胞分裂を繰り返し、いろいろな役割をもった細胞を200種類以上つくりだします。その後、これらつくりだされた …

no image

細胞の死という宿命

Sponsered Link  私たちは、約80年という寿命のもとで生活しています。やがてはみな死んでいくわけですが、生きているときも実は、細胞は毎日死んでいき、新しい細胞と入れ替わっています。このよ …