不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

細胞を操作する技術

投稿日:08/18/2015 更新日:


Sponsered Link

 現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。

 

 ヒト体性幹細胞(決められた臓器にしかなることができない)の利用に関してはある程度成功し、技術も確立しています。ほかに皮膚幹細胞(皮膚に分化)や角膜幹細胞(角膜に分化)、骨髄や脂肪組織中に存在する間葉系幹細胞(骨、軟骨、血管などに分化)などがあり、これらはすでに臨床研究で用いられています。また、ヒト胚性幹細胞(ES細胞や万能細胞)については、米国のバイオベンチャーであるジェロン社で、脊髄損傷の患者に対して能や精髄の神経細胞を保護する役目をもつ細胞を精髄に注入する治療の臨床試験が始まっています。

 

 そのほかにも、たとえば東京医科女子大学で開発された細胞シート技術は、直接患部の表面に貼りつけて機能を回復させるもので、現在、角膜で臨床応用され、心筋にも応用されつつまります。iPS細胞については世界中で注目を集めていますが、まだ始まったばかりの技術のため、がん化を含め、予期せぬ事態が起きるのではないかという懸念もあり、臨床応用はまだ先ではないかと考えられています。

Sponcsered Link

細胞シート技術細胞シート技術

 しかしiPS細胞をはじめとしたこれら現在用いられている再生医療の中核となるのは、遺伝子を知り、遺伝子を人工的にコントロールする技術といっても過言ではありません。特にiPS細胞の作製には、遺伝子を操作する技術が充実していたことによる要因が大きいでしょう。もちろんその背景には、がん遺伝子の研究や細胞制御の研究などがあったことは当然です。

 少しわき道にそれますが、遺伝子の研究や遺伝子の操作には、生命と物質の境界(いまだに議論が分かれる)のようなウイルスが非常に重要な役割を果たしていまして、いまでも遺伝子導入の有効な手段としてウイルスはもっとも有用です。そういうことを考えると、ウイルスという構造物は、もしかしたら神様が人類に与えた、鉄や電気、火といったものと同じ福音なのかもしれません。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

再生医療の歴史

Sponsered Link  私たちあh体が外傷などを負ったときに、傷を治す自己再生機能をもっています。このような自己再生機能は古くから知られており、古代インカでは、どの程度のケガならば身体は復活( …

no image

がん研究から生まれた万能細胞

Sponsered Link  万能細胞が発見される以前に、がん細胞に万能細胞があるかどうか検討されていました。そもそも哺乳類の受精卵が細胞分裂を繰り返したきわめて初期の段階である初期胚は、とても小さ …

no image

ついに人工生命(人工遺伝子)ができた!

Sponsered Link  みなさんは羊のドリーについてのニュースをご存知でしょうか? 1997年にスコットランドのロスリン研究所で、除核した胚細胞に体細胞の核を移植する技術を用い、世界初の体細胞 …

no image

細胞のもつ不思議な能力

Sponsered Link  そもそも、サイトを閲覧しているあなたも私も、もとをただせばたった1つの細胞にすぎなかったのです。そう、受精卵というたった1つの細胞です。その細胞が2つになり、4つになり …

no image

寄生虫ミトコンドリア

Sponsered Link  真核細胞には、ミトコンドリアと呼ばれる細胞内小器官が存在しています。このミトコンドリアは、細胞とは違う独自の増殖機能・遺伝機構をもっていますが、同じ細胞内なのになぜ独立 …