不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

受精卵と生殖細胞の決定的な違い

投稿日:07/28/2015 更新日:


Sponsered Link

 受精卵と生殖細胞。なんだか同じように聞こえますが、実はまったく違う細胞なのです。受精卵の特性であるたった1つの細胞からすべてのものが発生するため、受精卵の行う細胞分裂は非対称分裂であるとお話すましたが、生殖細胞はそのその生命の始まりの受精卵をつくる細胞になります。さらに生殖細胞の特異的なことは、生殖細胞は受精卵を形成した直後に次世代の生殖細胞をすでにつくってしまうことでしょう。厳密には生殖細胞と精子・卵子はまったく違いますが、将来の精子や卵子の中に含まれる遺伝情報は、生殖細胞に完全に規定され、言い換えると将来成人し、生殖器を迎えた私たちの精子や卵子のありさまはすでに受精卵の時点で決まっているという情味深い事実があります。では次にその様子を詳しくみていきましょう。

 

 将来の精子や卵子に変化する細胞は、それぞれ精原細胞卵原細胞と呼ばれ、始原生殖細胞に由来しています。この始原生殖細胞は、移動して性的に未分化な状態の生殖巣(精巣もしくは卵巣)に定着し、増殖して精原・卵原細胞へと分化します。その後、増殖を繰り返してそれぞれの細胞数を増加させます。やがてこれらの一部が減数分裂の準備気に入って一時精母・卵母細胞となり、長い休止期のあとに減数分裂を行います。減数分裂は、第一分裂と第二分裂の2つの分裂が連続して行われています。

Sponcsered Link

 

 精母細胞は第一分裂を行って二次精母細胞になります。二次精母細胞は第二分裂を行って精細胞になります。一方、一次卵母細胞は第一分裂を行って二次卵母細胞と第一極体になり、二次卵母細胞は第二分裂を行って卵細胞と第二極体になります。卵はいちじるしい不等分裂によって形成され、1個の卵原細胞から1個しかできません。

生殖細胞の形態形成

生殖細胞の形態形成生殖細胞の形態形成

 

 この減数分裂においては、第一分裂では染色体の数が半分になり、第二分裂では体細胞分裂と同じ過程をたどります。つまり生殖細胞は、最終的に染色体が半分、すなわち23本になった状態で存在しているのです。

 では受精卵はどうかというと、染色体は卵細胞と精子それぞれから受けとっているため46本(23対)です。そして受精卵は、初期段階で非対称性ではありますが、通常の細胞分裂を繰り返しています。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

原核細胞と真核細胞

Sponsered Link  細胞はその内部の構造から原核細胞と真核細胞に分けられます。この2つの細胞でもっとも大きな差異は、原核細胞に細胞核がないことです。細胞核がないと、みなさんをなにを連想する …

no image

人体は約60兆個もの細胞の集合体

Sponsered Link  ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。ある試算では、これらの細胞のうち1日で約3000億個が死に、この数を補うように毎日新しい細胞が誕生しているともいわれ …

no image

がん細胞とは?

Sponsered Link  これまでも説明してきましたが、ヒトの体は細胞からできています。がんは、ふつうの細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。がん細胞は、体の命令を無視して増え続けているため …

no image

万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?

Sponsered Link  「夢の新薬」。人それぞれの考えがあるかもしれませんが、私は世界に数えるほどしか患者がいない難病に対する薬を夢の新薬だと考えています。がんに対する治療薬でさえいまだ十分効 …

no image

再生医療の定義〜再生させる医療と再生医療の違い〜

Sponsered Link  これまでは、細胞の基礎的な内容をお話ししてきました。そして再生医療と深く関わりのある幹細胞、ES細胞、iPS細胞などの基礎についても学んできました。それでここからは、再 …