不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

がん細胞とは?

投稿日:08/17/2015 更新日:


Sponsered Link

 これまでも説明してきましたが、ヒトの体は細胞からできています。がんは、ふつうの細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。がん細胞は、体の命令を無視して増え続けているため、体の大切な組織を壊してしまいます。

 

 がん細胞は、生体内にもともと存在していなかったはずなのに、なぜできるのでしょうか? 正常細胞は、増えるために細胞分裂を行いますが、細胞を増やすかどうかは遺伝子の指令にもとづいています。この遺伝子は細胞が増えるようにうながしたり、停止させたりすることで、必要なときのみ細胞を増やします。しかし、この遺伝子になんらかの要因で傷がつくと、正常な細胞が徐々にがん細胞に変化し、やがて細胞を増やす指令を行うだけど停止させないようになります。このがん細胞への変化の要因となる遺伝子は、増えるようにうながすがん遺伝子と、増えることを停止させるがん制御遺伝子です。このいずれかもしくは両方の遺伝子のDNA配列が変化してしまったり、DNA配列が変わらなくてもメチル化などの科学修飾を受けて発現状態が変化したりすることで、正常細胞はがん細胞に変化していくのです。

Sponcsered Link

がん細胞の増殖

 こうして、一度がん細胞になってしまうと増殖を絶え間なく繰り返すだけでなく、血管やリンパ管を流れて遠い部分に移転したりします。正常な細胞であれば、細胞が誤って血管に入っても破壊されるため、ほかの臓器に移って増えることはありません。しかし、がん細胞はたとえ1個の細胞でも他の臓器に定着して増えることができます。

がん遺伝子の転移の仕組み

 このように、がん細胞は正常細胞にはなかった多くの性質を獲得しているのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

傷の再生の仕組み

Sponsered Link  人の再生能力のところで傷の再生を例として取り上げてきました。一度傷ついた場所がもとどおりになっていくことは誰もが経験することで、決して特別ば出来事ではありません。しかし …

no image

ついに人工生命(人工遺伝子)ができた!

Sponsered Link  みなさんは羊のドリーについてのニュースをご存知でしょうか? 1997年にスコットランドのロスリン研究所で、除核した胚細胞に体細胞の核を移植する技術を用い、世界初の体細胞 …

no image

皮膚を維持する仕組み

Sponsered Link  『傷の再生の仕組み』で、傷の再生のなかで表皮細胞などがどのように関わっているのかをお話しました。ここでは世界で初めて再生医療の対象になった皮膚についてお話します。 &n …

no image

寄生虫ミトコンドリア

Sponsered Link  真核細胞には、ミトコンドリアと呼ばれる細胞内小器官が存在しています。このミトコンドリアは、細胞とは違う独自の増殖機能・遺伝機構をもっていますが、同じ細胞内なのになぜ独立 …

no image

どうやって再生するのか?

Sponsered Link  再生医療による治療のステップは、再生しようとする臓器を構成する細胞(群)を手に入れる、もしくはつくりだすことから始めます。目的の臓器が残っている場合は、その臓器から細胞 …