不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

がん細胞とは?

投稿日:08/17/2015 更新日:


Sponsered Link

 これまでも説明してきましたが、ヒトの体は細胞からできています。がんは、ふつうの細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。がん細胞は、体の命令を無視して増え続けているため、体の大切な組織を壊してしまいます。

 

 がん細胞は、生体内にもともと存在していなかったはずなのに、なぜできるのでしょうか? 正常細胞は、増えるために細胞分裂を行いますが、細胞を増やすかどうかは遺伝子の指令にもとづいています。この遺伝子は細胞が増えるようにうながしたり、停止させたりすることで、必要なときのみ細胞を増やします。しかし、この遺伝子になんらかの要因で傷がつくと、正常な細胞が徐々にがん細胞に変化し、やがて細胞を増やす指令を行うだけど停止させないようになります。このがん細胞への変化の要因となる遺伝子は、増えるようにうながすがん遺伝子と、増えることを停止させるがん制御遺伝子です。このいずれかもしくは両方の遺伝子のDNA配列が変化してしまったり、DNA配列が変わらなくてもメチル化などの科学修飾を受けて発現状態が変化したりすることで、正常細胞はがん細胞に変化していくのです。

Sponcsered Link

がん細胞の増殖

 こうして、一度がん細胞になってしまうと増殖を絶え間なく繰り返すだけでなく、血管やリンパ管を流れて遠い部分に移転したりします。正常な細胞であれば、細胞が誤って血管に入っても破壊されるため、ほかの臓器に移って増えることはありません。しかし、がん細胞はたとえ1個の細胞でも他の臓器に定着して増えることができます。

がん遺伝子の転移の仕組み

 このように、がん細胞は正常細胞にはなかった多くの性質を獲得しているのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

細胞内小器官の発達

Sponsered Link  原核細胞と真核細胞を区別する特徴の1つに、細胞内器官が高度に発達していることが挙げられます。細胞内器官としては、細胞核、ミトコンドリア、葉緑体、小胞体などがあります。で …

no image

どうやって再生するのか?

Sponsered Link  再生医療による治療のステップは、再生しようとする臓器を構成する細胞(群)を手に入れる、もしくはつくりだすことから始めます。目的の臓器が残っている場合は、その臓器から細胞 …

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

受精卵と生殖細胞の決定的な違い

Sponsered Link  受精卵と生殖細胞。なんだか同じように聞こえますが、実はまったく違う細胞なのです。受精卵の特性であるたった1つの細胞からすべてのものが発生するため、受精卵の行う細胞分裂は …

no image

細胞の死という宿命

Sponsered Link  私たちは、約80年という寿命のもとで生活しています。やがてはみな死んでいくわけですが、生きているときも実は、細胞は毎日死んでいき、新しい細胞と入れ替わっています。このよ …