不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

がん細胞とは?

投稿日:08/17/2015 更新日:


Sponsered Link

 これまでも説明してきましたが、ヒトの体は細胞からできています。がんは、ふつうの細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。がん細胞は、体の命令を無視して増え続けているため、体の大切な組織を壊してしまいます。

 

 がん細胞は、生体内にもともと存在していなかったはずなのに、なぜできるのでしょうか? 正常細胞は、増えるために細胞分裂を行いますが、細胞を増やすかどうかは遺伝子の指令にもとづいています。この遺伝子は細胞が増えるようにうながしたり、停止させたりすることで、必要なときのみ細胞を増やします。しかし、この遺伝子になんらかの要因で傷がつくと、正常な細胞が徐々にがん細胞に変化し、やがて細胞を増やす指令を行うだけど停止させないようになります。このがん細胞への変化の要因となる遺伝子は、増えるようにうながすがん遺伝子と、増えることを停止させるがん制御遺伝子です。このいずれかもしくは両方の遺伝子のDNA配列が変化してしまったり、DNA配列が変わらなくてもメチル化などの科学修飾を受けて発現状態が変化したりすることで、正常細胞はがん細胞に変化していくのです。

Sponcsered Link

がん細胞の増殖

 こうして、一度がん細胞になってしまうと増殖を絶え間なく繰り返すだけでなく、血管やリンパ管を流れて遠い部分に移転したりします。正常な細胞であれば、細胞が誤って血管に入っても破壊されるため、ほかの臓器に移って増えることはありません。しかし、がん細胞はたとえ1個の細胞でも他の臓器に定着して増えることができます。

がん遺伝子の転移の仕組み

 このように、がん細胞は正常細胞にはなかった多くの性質を獲得しているのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

再生医療の定義〜再生させる医療と再生医療の違い〜

Sponsered Link  これまでは、細胞の基礎的な内容をお話ししてきました。そして再生医療と深く関わりのある幹細胞、ES細胞、iPS細胞などの基礎についても学んできました。それでここからは、再 …

no image

単細胞生物と多細胞生物の違い

Sponsered Link 単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、あ …

no image

なぜ万能細胞は期待されるのか?

Sponsered Link  万能細胞とは「どんな期間・臓器にもなりうる多分化能をもった細胞」とお話してきました。では、いったいこの万能細胞を使うことでなにが期待できるのでしょうか? ある程度知識を …

no image

ES細胞(胚性幹細胞)とiPS細胞の違いは?

Sponsered Link  最近よく話題になっているものにiPS細胞(人工多能性幹細胞)があります。みなさんもテレビや新聞、雑誌などで一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 &nbsp …

no image

細胞と細胞の緻密な連絡〜伝達物質〜

Sponsered Link  生物は多細胞化の道をたどることによって、単細胞では決して得られない有利な生命継続の手段を手に入れました。その反面、内部に位置する細胞は、外部の環境と直接的なエネルギーの …