不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 人体を構成する細胞の特殊性とは?

ついに人工生命(人工遺伝子)ができた!

投稿日:08/18/2015 更新日:


Sponsered Link

 みなさんは羊のドリーについてのニュースをご存知でしょうか? 1997年にスコットランドのロスリン研究所で、除核した胚細胞に体細胞の核を移植する技術を用い、世界初の体細胞核由来のクローンである羊のドリーが誕生しました。

 

 このように往年のバイオ技術の進歩には目を見張るものがあります。そして今回、人工生命の誕生という、さらに衝撃的なニュースが飛び込んできました。2008年に、米国の生物学者でセレラ・ジェノミクス社の創立者、J・クレイグ・ベンダー博士率いる合成生物研究チームがマイコプラズマ・ゲニタリウムというバクテリアのゲノム(全遺伝子情報)を人工合成し、『サイエンス誌』の電子版に発表したのです。2010年、さらにマイコプラズマ・ミコイデス細菌の人工DNAを移植した細菌の自己増殖に成功したとも報告しました。

クレイグ・ベンター

 

 

 

 

 

クレイグ・ベンダー

Sponcsered Link

(写真:Wikipedia)

 

 彼らはマイコプラズマ・ミコイデス細菌のDNAをマネて化学的に合成したDNAをつくり、そのDNAを別の細菌に移植しました。この移植された細菌は、そのDNAに従って組織を変化させて複製のもとになったマイコプラズマ・ミコイデスと同じタンパク質をつくり、さらに自己増殖することも確認されたそうです。

マイコプラズマ・ゲルタリウム

 このように細菌ではありますが、ついに人工生命ができるところまで科学は進歩してしまいました。今後ますますバイオの技術は発展し、いずれ高等生物における人工生命が誕生してしまうかもしれません。しかし、このような生命体は自然界のものではないため、もし自然界にこのような生命体がでてしますと生態系はどうなってしまうのでしょうか?

 私たちは科学技術の発展を望むとともに、その科学技術が、発展するがゆえに生じる問題についても考えていく必要があるのではないでしょうか。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 人体を構成する細胞の特殊性とは?
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

幹細胞と万能細胞の違いは?

Sponsered Link  幹細胞とは臓器を修復する能力(これを再生能力と言います)をもった特別な細胞であると、「幹細胞とはなにか?」でお話しました。それに対し万能細胞とは、もっと普遍的にどんな細 …

no image

受精卵とはなにか?〜その能力〜

Sponsered Link  これまで受精卵という言葉を使って説明してきましたが、受精卵にはいったいどのような能力が備わっているのでしょうか?古くは、受精卵の中に子孫の雛形(小さな人の形をしもの)が …

no image

遺伝子が仕掛ける罠〜細胞分裂〜

Sponsered Link 私たちの体はいつも同じように見えますが、実は毎日多くの細胞が死んでおり、絶えず新しい細胞をつくらなければなりません。そしてそのために細胞が行っている作業が細胞分裂です。細 …

no image

単細胞生物と多細胞生物の違い

Sponsered Link 単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、あ …

no image

再生医療の定義〜再生させる医療と再生医療の違い〜

Sponsered Link  これまでは、細胞の基礎的な内容をお話ししてきました。そして再生医療と深く関わりのある幹細胞、ES細胞、iPS細胞などの基礎についても学んできました。それでここからは、再 …