Sponsered Link

 みなさんは羊のドリーについてのニュースをご存知でしょうか? 1997年にスコットランドのロスリン研究所で、除核した胚細胞に体細胞の核を移植する技術を用い、世界初の体細胞核由来のクローンである羊のドリーが誕生しました。

 

 このように往年のバイオ技術の進歩には目を見張るものがあります。そして今回、人工生命の誕生という、さらに衝撃的なニュースが飛び込んできました。2008年に、米国の生物学者でセレラ・ジェノミクス社の創立者、J・クレイグ・ベンダー博士率いる合成生物研究チームがマイコプラズマ・ゲニタリウムというバクテリアのゲノム(全遺伝子情報)を人工合成し、『サイエンス誌』の電子版に発表したのです。2010年、さらにマイコプラズマ・ミコイデス細菌の人工DNAを移植した細菌の自己増殖に成功したとも報告しました。

クレイグ・ベンター

 

 

 

 

 

クレイグ・ベンダー

Sponcsered Link

(写真:Wikipedia)

 

 彼らはマイコプラズマ・ミコイデス細菌のDNAをマネて化学的に合成したDNAをつくり、そのDNAを別の細菌に移植しました。この移植された細菌は、そのDNAに従って組織を変化させて複製のもとになったマイコプラズマ・ミコイデスと同じタンパク質をつくり、さらに自己増殖することも確認されたそうです。

マイコプラズマ・ゲルタリウム

 このように細菌ではありますが、ついに人工生命ができるところまで科学は進歩してしまいました。今後ますますバイオの技術は発展し、いずれ高等生物における人工生命が誕生してしまうかもしれません。しかし、このような生命体は自然界のものではないため、もし自然界にこのような生命体がでてしますと生態系はどうなってしまうのでしょうか?

 私たちは科学技術の発展を望むとともに、その科学技術が、発展するがゆえに生じる問題についても考えていく必要があるのではないでしょうか。

Sponcered Link