不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

世界で行われている万能細胞研究

投稿日:


Sponsered Link

 京都大学の山中伸弥教授の研究グループが開発した万能細胞のiPS細胞は倫理的問題がクリアできる可能性が高いことから、ES細胞研究やクローン研究を凌駕する数のグループ研究が世界中で進められています。ここでは現在、iPS細胞の研究がどこまで進んでいるのかをお話します。

 

 2007年11月、人間の皮膚から製作されたiPS細胞によって患者と遺伝情報が同じ細胞が作製でき、拒絶反応のない移植医療実現の可能性が見えてきました。2010年3月、奈良県立医大の研究グループが、マウスのiPS細胞から腸をつくる、すなわち万能細胞であるiPS細胞から臓器をつくることに世界で初めて成功しました。この成果から、治療が難しい炎症性の腸疾患や先天的な運動異常症などの病態の解明、治療法の開発が期待されています。

 

 2011年8月、京都大学でiPS開発者である山中教授とは別の研究グループがiPS細胞を使って精子をつくりだし、それを卵と体外受精させてマウスを誕生させることに成功しました。これによって、発生メカニズムの解明、不妊症の原因研究や研究などの可能性がでてきましたが、一方で、ヒトの生殖細胞製作につながる技術であることから倫理的問題が生じると考えられています。

Sponcsered Link

精子作製

 このように、再生医療に向けた研究が進む一方で、医療とはまったく別の目的にiPS細胞技術が使われだそうとしています。性別に関係なく精子や卵子を作成したり、生殖能力を失った個体から精子や卵子もつくれるiPS細胞の特性を利用し、絶滅危惧種の人工的な繁殖に向けた検討もされているそうです。

 

 2011年9月、アメリカ・カリフォルニアのスクリップス研究所などのグループが、世界に7頭しか生息していないとされているキタシロサイのメスの皮膚から、また西アフリカで生息数の現象が続くサルの一種マンドリルの死んだオスの細胞からiPS細胞の作製に成功しました。

 こうした万能細胞を使って、医療の世界だけではなく、種そのものの存続さえ人類でコントロールできる技術の開発が、世界中のさまざまな研究所で取り組まれているのです。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …

no image

不老不死は実現できるのか?

Sponsered Link  日本は世界一の長寿国といわれています。医療や公衆衛生などの環境の向上によって寿命は格段に上昇し、100歳を超えるヒトが増えてきたのも事実です。そして、3大死因と呼ばれる …

再生医療はどうやって発展していくのか?

Sponsered Link  がんにおかされた臓器や、古くなった体のパーツは丸ごと取り換えるという非常にドラマチックなことも理論的には可能な再生医療。しかし現実的には、文部科学省が平成21年に策定し …

生命倫理と最新科学生命

Sponsered Link  本ページでは万能細胞(胚性幹細胞や人工多能性幹細胞:iPS細胞)を用いた再生医療の具体的方法や創薬、新治療法、今後の見通し、夢などを述べてきました。iPS細胞が登場する …

no image

皮膚を維持する仕組み

Sponsered Link  『傷の再生の仕組み』で、傷の再生のなかで表皮細胞などがどのように関わっているのかをお話しました。ここでは世界で初めて再生医療の対象になった皮膚についてお話します。 &n …