不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

将来有望な再生医療と必要な再生医療

投稿日:


Sponsered Link

 現在の再生医療は、体性幹細胞を取りだして、体外で増殖・活性化し、ふたたび体内にもどすという方法が中心となっています。しかしES細胞やiPS細胞という万能細胞については世界中で研究されていることから、将来的には拒絶反応のない、あらゆる臓器を必要なときに提供するテーラーメード医療としての再生医療が期待されています。とはいえ、これまで万能細胞から臓器を作製した報告はマウスの実験はあったものの、ヒトでの報告はまだありません。そのため実現にはまだ時間がかかると予想されます。

テーラーメード医療

 そこで別の試みとして、臓器や器官のタネを開発しそれを患部に導入することで、患部で臓器や器官を再生させようという試みがなされているようです。たとえばマウスの胎児から歯のタネを取りだして分離した上皮細胞と間葉細胞を、コラーゲンゲルの中で高細胞密度で区画化して細胞塊をつくると、正常な歯と同じように発生させることができるようです。

Sponcsered Link

 

 また、同様な方法で、人工的な毛包原基(毛のタネ)を作製し、毛の発生も確認できているようです。このように再生医療は、現在の幹細胞を注入する医療から臓器や器官のタネとなる細胞塊を作製して導入する医療へと、将来的に医療の幅が広がっていくのではないかと考えられます。そして、再生医療によるテーラーメード医療が実現し、他人の臓器提供を受けることなく患者のあらゆる要望に応えることのできる医療となる日が近いのではないかと考えています。

 現時点で予想される再生医療の行く末は、もちろんこのように実現していくかどうかわかりません。またこのほかにも主流ではない技術も多く登場しています。たとえばブタのDNAの中に人の肝臓の遺伝子を組み込んだキメラ豚を作製し、豚を人間の臓器工場にしてしますという、多少フィクションじみた報告もあります。人類は夢をもち、その夢を単なる空想に終わらせることなく邁進してきました。これからもそうしていくでしょうし、そうすべきです。倫理的な問題、宗教的な問題。人類にとってのいちばんの問題は、その圧力に屈し立ち止まることではないでしょうか。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

世界で行われている万能細胞研究

Sponsered Link  京都大学の山中伸弥教授の研究グループが開発した万能細胞のiPS細胞は倫理的問題がクリアできる可能性が高いことから、ES細胞研究やクローン研究を凌駕する数のグループ研究が …

老化のメカニズムとそれを抑える方法

Sponsered Link  ひと言で老化といってもさまざまな原因が考えられます。そのため老化を抑えるには、これらの原因1つひとつに対処していくしかありません。ここでは、老化はどんな原因で生じるのか …

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

クローンと万能細胞の関係

Sponsered Link  移植技術において常に問題となるのが、ドナーの提供と拒絶反応です。ここでは拒絶反応に焦点を当てることとします。    人間の体に他人の細胞・組織・臓器が入ると、 …

no image

人工授精と再生医療

Sponsered Link  配偶子(卵子と精子)には問題がなく、卵管や精子数などそれ以外の原因で子供ができない夫婦のために、人工授精すなわち、体外受精と呼べれている技術が使われています。体外受精は …