Sponsered Link

 これまで病気の治療のためには、多くの患者から材料の提供を受けて原因を究明し、治験を通して治療薬の開発を進めてきました。ただ、患者数の非常に少ない難病やアルツハイマー病など材料の提供が難しい難病では、原因を究明したりメカニズムを解明したりすることは直接的には困難であり、十分効果のでる治療薬の開発に結びつかないのが現状です。しかし患者自身の細胞からiPS細胞を作製し、そのiPS細胞を特定の細胞へ分化誘導すれば、従来は採取が困難であった組織の細胞を得ることができるでしょう。これによって、いままで治療法のなかった難病に対してその病因や発症のメカニズムを研究したり、患者自身の細胞を用いて薬剤の効果・毒性を評価したりすることが可能になるのです。

Sponcsered Link

 

 以上のようにiPS細胞は、再生医療という治療の面において世界中で注目を浴びていますが、病気の解明の面でも非常に有効な技術です。特にiPS細胞は、4つの特殊の遺伝子を導入することで体細胞から作製できるため、倫理的な問題をクリアできるだけでなく、あらゆる細胞・組織・臓器に分化させることができる可能性を秘めています。患者の細胞を正常な細胞と比較することで、原因の研究やメカニズムの解明を進めることができるため、効率的に治療薬を開発することが可能です。また、再生医療的には、患者の患部の細胞・組織・臓器をiPS細胞でつくらせた正常なものと交換して移植することで治療することも可能です。

 この技術が確率すれば、たった少量の皮膚などから目的とする細胞・組織・臓器を自由につくらせることができ、それを用いてさまざまな病気に対して治療薬を開発することが可能となります。また、治療薬の副作用に関しても、患者1人1人に対して万能細胞を用いて確認でき、安全性を確かめたうえで開発された治療薬を使用することができるようになります。このように万能細胞を用いれば、どんな病気でも安心して治せる可能性があります。

万能細胞による治療

Sponcered Link