不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

がん研究から生まれた万能細胞

投稿日:08/21/2015 更新日:


Sponsered Link

 万能細胞が発見される以前に、がん細胞に万能細胞があるかどうか検討されていました。そもそも哺乳類の受精卵が細胞分裂を繰り返したきわめて初期の段階である初期胚は、とても小さくて見つけにくいだけでなく、ヒトの場合には倫理的な問題のため、初期胚を研究するのが困難な状況でした。

 

 そこで、1960年代後半に研究者が注目したのが、奇形腫(テラトーマ)というがんの一種でした。奇形腫は非常に興味深い腫瘍で、その中に髪の毛や皮膚、ときには歯までも入っているのです。あたかも人間のパーツがすべて混じって入っているということで「奇形」という名前がつきました。少々脱線しますが、医者で漫画家の手塚治虫も人間のすべての要素が入った腫瘍、奇形腫に興味をもち、この奇形腫を利用してつくられたという女の子「ピノコ」を、自身の漫画に登場させています。

 

 さて、この奇形腫に興味をおった当時の研究者たちは、この中に初期胚と同じようになににでもなれる万能細胞があるのではないか、と考えました。そして、その万能細胞を培養でいくらでも増やすことができれば、発生の研究はめざましい進歩を遂げるだろうと考えました。研究者たちは、未分化な幹細胞をなんとかして取りだし、培養できないかという思いで研究に没頭し、ついに実現する日がきます。

Sponcsered Link

 

 1970年、マウスの奇形腫から活発の増殖する未分化な細胞株が樹立され、胚性がん細胞と名付けられました。さらに、培養でさまざまな細胞に分化できることを確認しました。こうして当初の目的である、初期胚の模倣という可能性を追求するための研究に注目がいくことになります。そして、1975年にマウスの胚盤胞に注入し、胚性がん細胞由来の組織がモザイク状に取り込まれたキメラマウスを誕生させることに成功したのです。

キメラマウスの作り方

 しかし残念ながらその後の研究で、胚性がん細胞は非常に高頻度に腫瘍を誘発するなど、正常なマウスがなかなかつくれないことが判明しました。このため研究は停滞するかと思われましたが、その後、ES細胞が発見され、一気に加速することになります。また、こうした一連のがん研究から明らかになった遺伝子を制御しがん化に関与する因子も明らかになり、この因子は初期のiPS細胞作製に中心的な役割を果たすことになります。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

細胞の仕組み〜エネルギー生産、タンパク質製造〜

Sponsered Link ■エネルギー生産  エネルギー生産における代謝には、生きるために必要なエネルギーを環境から取り入れることと、細胞を構築することの2つの目的があります。生物が環境から取り入 …

no image

細胞の集合体と相互間作用

Sponsered Link  基本的に細胞の集合体、すなわち多細胞化した細胞においては、内部に位置する細胞は、外部の環境と直接的な物質やエネルギーのやり取りをもつことができません。しかし、多細胞生物 …

no image

ウイルスと細胞との決定的違い

Sponsered Link  みなさん、テレビや新聞のニュースで、「インフルエンザ」という言葉をよく目にしたり耳にしたりしていると思います。このインフルエンザこそウイルスなのです。では、ウイルスは細 …

再生医療はどうやって発展していくのか?

Sponsered Link  がんにおかされた臓器や、古くなった体のパーツは丸ごと取り換えるという非常にドラマチックなことも理論的には可能な再生医療。しかし現実的には、文部科学省が平成21年に策定し …

no image

数万年を数時間で再現する発生〜1つの受精卵〜

Sponsered Link  生物は、単細胞生物から多細胞生物へと進化し、多細胞生物のなかでさらに高等生物へと進化してきました。そしてこのように進化してきた生物の歴史は、高等生物になっても発生の段階 …