不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

傷の再生の仕組み

投稿日:08/22/2015 更新日:


Sponsered Link

 人の再生能力のところで傷の再生を例として取り上げてきました。一度傷ついた場所がもとどおりになっていくことは誰もが経験することで、決して特別ば出来事ではありません。しかしよく考えると、少し不思議な気がします。生き物だけに見られる現象で、そのほかでは決して起こりません。細胞が生きているからこそできるワザなのです。ここでは傷の再生の仕組みについて、細胞の視点でお話していきましょう。逆にいうと傷を再生させる主役は細胞の営みなのです。そして細胞は細胞分裂でしか生まれません。

 

 さて傷の再生の仕組みは大きく分けて3段階あります。

(1)炎症期は傷に血小板が集まり、活性化され凝集して止血が起こります。そして、白血球(好中球)やマクロファージが組織内へ入り込んでいきます。これは傷口が細菌などに感染するのを防ぐために起こる体の防衛反応です。このとき、傷口が赤く腫れて傷んだり、熱をもったりする炎症といわれる現象が生じます。

Sponcsered Link

(2)次に傷口の片縁にある表皮細胞は盛んに分裂し新しい表皮が露出した真皮をおおい始めます。さらに表皮細胞は、傷の片縁からばかりからではなく毛穴にも存在しているため、浅い傷ですと毛穴からも表皮が分裂し始めて傷をおおいます。しかし、一般的に表皮細胞は3cm程度しか移動しないため、理論的に毛穴までなくしてしまった表皮(皮膚全層欠損)の直径が6cm(3cm×2)までならば、自然に治癒しますが、それ以上の皮膚全層欠損であれば、植皮などの人為的な手術をしなければなりません。いずれにしても表皮でおおわれた下の部分の修復も同時に始まります。ここでは血管の新生が行われ、傷の修復役である線維芽細胞などが集まって肉芽が形成されます。

(3)最後に成熟期に入り傷口がふさがれると、肉芽は縮小し、線維芽細胞からつくられたコラーゲンを主体とした白い傷跡になります。やがて傷は再生され、4ヶ月〜1年で目立たなくなります。

傷の再生の仕組み

 このように傷の再生においては、血小板、白血球、マクロファージ、表皮細胞など、実にさまざまな細胞が働きかけています。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, , , , , ,

執筆者:


  1. […]  『傷の再生の仕組み』で、傷の再生のなかで表皮細胞などがどのように関わっているのかをお話しました。ここでは世界で初めて再生医療の対象になった皮膚についてお話します。 […]

  2. […] 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

不老不死は実現できるのか?

Sponsered Link  日本は世界一の長寿国といわれています。医療や公衆衛生などの環境の向上によって寿命は格段に上昇し、100歳を超えるヒトが増えてきたのも事実です。そして、3大死因と呼ばれる …

no image

臓器と細胞の違い〜細胞の集合体が臓器ではない〜

Sponsered Link  みなさんは「臓器とはなにか?」と質問されれば、迷うことなく心臓や肝臓などの臓器を思い浮かべるのではないでしょうか。そしてみなさんは、これらの臓器がそれぞれ異なる「はたら …

no image

遺伝子が仕掛ける罠〜細胞分裂〜

Sponsered Link 私たちの体はいつも同じように見えますが、実は毎日多くの細胞が死んでおり、絶えず新しい細胞をつくらなければなりません。そしてそのために細胞が行っている作業が細胞分裂です。細 …

no image

数万年を数時間で再現する発生〜1つの受精卵〜

Sponsered Link  生物は、単細胞生物から多細胞生物へと進化し、多細胞生物のなかでさらに高等生物へと進化してきました。そしてこのように進化してきた生物の歴史は、高等生物になっても発生の段階 …

no image

4つの塩基が選ばれた理由

Sponsered Link  前節でお話ししたように、DNAは、4つの塩基であるA(アデニン)、T(チミン)、C(シトニン)、G(グアニン)からできています。このうちアデニンは、様々な物質の構成成分 …