不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

つくれる臓器とつくれない臓器

投稿日:


Sponsered Link

 みなさんも、もちろん私も、もとをたどせば受精卵というたった1個の細胞です。1個の細胞は妊娠初期(2ヶ月)で完全な人間となり、心臓も脳も肺も手足も完全にできあがってしまいます。もちろん体のサイズは小さいので、妊娠10ヶ月のうち後半の8ヶ月は、ただひたすらサイズを増やすために使われます。

 

 万能細胞であるiPS細胞は、なににでもなれる細胞という意味では、この受精卵ときわめて似た性質をもっています。従ってiPS細胞を用いれば人間をつくることもできますし、人為的につくれない臓器というのは理論的にはありません。しかし10年〜20年という現実的なスパンになると、つくれない臓器がほとんどでしょう。

 

 現時点でつくれる臓器として考えられているのは、皮膚、角膜、血管、骨、軟骨、神経などです。これらの臓器の特徴は、比較的単一の細胞から構成されていることです。細胞医療である再生医療は、臓器といういろいろな細胞の複合体をつくりだす技術というより、細胞そのものをつくりだす技術だからです。実際に皮膚の再生医療である培養皮膚のように、臨床の現場ではすでにスタンダードな治療手段になっているものもあります。

Sponcsered Link

 

 その反面、複数の種類の違う細胞群から構成されている臓器、たとえば心臓、腎臓、肝臓などをつくることはかなり困難で、指や手、足などは複雑さをきわめます。指とは、いちばん小さな小指でも骨や腱、筋肉という運動系、それらを統一的に動かす神経、運動系に栄養を送る血管、そしてそれらをおおう皮膚、爪など、非常に多岐にわたる細胞と組織から繊細・巧妙につくりあげられています。簡単に「指」をつくる、「指」を再生させるといっても、これらのすべてつくることにほかならないのです。耳にしても外耳や鼓膜、耳小骨、内耳、聴神経など同様です。指が再生医療でよみがえったという耳を疑うようなミュース報道がありましたが、現実問題としてそれはネッシーや雪男と同じオカルト以外のなにものでもありません。

再生医療

 しかし、いずれ人間と豚とのキメラ(混合動物)を臓器工場として稼働させれば、複雑さを極める臓器の製造は可能になるときもくるでしょうが、我々の脳に蓄積された喜怒哀楽が織り成す「精神」「魂」「心」の再生は決してできないでしょう。or

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性
-,

執筆者:


  1. […]  「つくれる臓器とつくれない臓器」のページで、複数の細胞群からできている臓器(器官)は再生医療の恩恵にあずかることが難しい、さらに現時点で再生医療の対象になるのは比較的 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

世界で行われている万能細胞研究

Sponsered Link  京都大学の山中伸弥教授の研究グループが開発した万能細胞のiPS細胞は倫理的問題がクリアできる可能性が高いことから、ES細胞研究やクローン研究を凌駕する数のグループ研究が …

no image

クローンと万能細胞の関係

Sponsered Link  移植技術において常に問題となるのが、ドナーの提供と拒絶反応です。ここでは拒絶反応に焦点を当てることとします。    人間の体に他人の細胞・組織・臓器が入ると、 …

no image

遺伝子を操作する技術

Sponsered Link  今世紀のもっとも偉大な発見である万能細胞、iPS細胞が体細胞に数種類の遺伝子を導入することによって作製されることは、あまりにも有名な事実です。もちろんこのiPS細胞を作 …

記憶と細胞の関係

Sponsered Link  『老化のメカニズムとそれを抑える方法』でいくら医学(再生医療)が発達しても人間の脳は死(終焉)をまぬがれることはできないと書きました。若干、非科学的な表現になってしまい …