Sponsered Link

 みなさんも、もちろん私も、もとをたどせば受精卵というたった1個の細胞です。1個の細胞は妊娠初期(2ヶ月)で完全な人間となり、心臓も脳も肺も手足も完全にできあがってしまいます。もちろん体のサイズは小さいので、妊娠10ヶ月のうち後半の8ヶ月は、ただひたすらサイズを増やすために使われます。

 

 万能細胞であるiPS細胞は、なににでもなれる細胞という意味では、この受精卵ときわめて似た性質をもっています。従ってiPS細胞を用いれば人間をつくることもできますし、人為的につくれない臓器というのは理論的にはありません。しかし10年〜20年という現実的なスパンになると、つくれない臓器がほとんどでしょう。

 

 現時点でつくれる臓器として考えられているのは、皮膚、角膜、血管、骨、軟骨、神経などです。これらの臓器の特徴は、比較的単一の細胞から構成されていることです。細胞医療である再生医療は、臓器といういろいろな細胞の複合体をつくりだす技術というより、細胞そのものをつくりだす技術だからです。実際に皮膚の再生医療である培養皮膚のように、臨床の現場ではすでにスタンダードな治療手段になっているものもあります。

Sponcsered Link

 

 その反面、複数の種類の違う細胞群から構成されている臓器、たとえば心臓、腎臓、肝臓などをつくることはかなり困難で、指や手、足などは複雑さをきわめます。指とは、いちばん小さな小指でも骨や腱、筋肉という運動系、それらを統一的に動かす神経、運動系に栄養を送る血管、そしてそれらをおおう皮膚、爪など、非常に多岐にわたる細胞と組織から繊細・巧妙につくりあげられています。簡単に「指」をつくる、「指」を再生させるといっても、これらのすべてつくることにほかならないのです。耳にしても外耳や鼓膜、耳小骨、内耳、聴神経など同様です。指が再生医療でよみがえったという耳を疑うようなミュース報道がありましたが、現実問題としてそれはネッシーや雪男と同じオカルト以外のなにものでもありません。

再生医療

 しかし、いずれ人間と豚とのキメラ(混合動物)を臓器工場として稼働させれば、複雑さを極める臓器の製造は可能になるときもくるでしょうが、我々の脳に蓄積された喜怒哀楽が織り成す「精神」「魂」「心」の再生は決してできないでしょう。or

Sponcered Link