不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

遺伝子を操作する技術

投稿日:08/19/2015 更新日:


Sponsered Link

 今世紀のもっとも偉大な発見である万能細胞、iPS細胞が体細胞に数種類の遺伝子を導入することによって作製されることは、あまりにも有名な事実です。もちろんこのiPS細胞を作製するためには、遺伝子を操作する技術が必要不可欠でした。そこでここでは遺伝子を操作する基本的な技術について簡単に説明しておきましょう。

 

 1970年前後、相次いで発見されたものに制限酵素逆転写酵素があります。制限酵素はDNAのある特定の塩基配列を認識して切断するもので、目的お遺伝子を切りだすときに使用します。一方、逆転写酵素は、一般に信じられていた「DNAからRNAがつくられるだけでその逆は怒らない」という仮説をくつがえし、RNA(メッセンジャーRNA:mRNA)からDNA(相補的DNA:cDNA)がつくられるときに働く酵素です。これらの発見は遺伝子を操作する技術を飛躍的に進歩させ、目的とする遺伝子が自由に調製できるようになったのです。

 

 ちなみに制限酵素と逆転写酵素の発見それぞれに対し、ノーベル賞が贈られています。なお、ここれ得られたDNA断片は、DNAの切れ目をつなぐ酵素であるリガーゼを用いてベクター(DNA断片の運び役、つまり遺伝子の運び役)と結合させます。

Sponcsered Link

 

 このベクターを大腸菌や酵母などの宿主細胞に入れ、目的の遺伝子を増やします(DNAのクローニングといいます)。また、ウイルスベクターなどを用いてヒトを含む動物細胞や受精卵へ導入し、宿主由来のDNAに目的とするDNA断片を組み込ませることも可能です。iPS細胞では目的とする遺伝子をベクターと結合させて、それを細胞に導入。そして細胞内で目的とする遺伝子のタンパク質がつくられることでiPS細胞を作製しています。

DNAの組み換えDNAの組み換え

 このように細胞だけでなく遺伝子を操作する技術の発展が、世界中で注目しているiPS細胞の発見につながっているのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

再生医療の問題点

Sponsered Link  『生命倫理と最新科学生命』では万能細胞(ES細胞やiPS細胞)を用いた再生医療の倫理的側面をお話しましたが、ここでは技術的側面にしぼってお話します。    再 …

no image

クローンと万能細胞の関係

Sponsered Link  移植技術において常に問題となるのが、ドナーの提供と拒絶反応です。ここでは拒絶反応に焦点を当てることとします。    人間の体に他人の細胞・組織・臓器が入ると、 …

no image

人体は約60兆個もの細胞の集合体

Sponsered Link  ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。ある試算では、これらの細胞のうち1日で約3000億個が死に、この数を補うように毎日新しい細胞が誕生しているともいわれ …

no image

4つの塩基が選ばれた理由

Sponsered Link  前節でお話ししたように、DNAは、4つの塩基であるA(アデニン)、T(チミン)、C(シトニン)、G(グアニン)からできています。このうちアデニンは、様々な物質の構成成分 …

no image

臓器と細胞の違い〜細胞の集合体が臓器ではない〜

Sponsered Link  みなさんは「臓器とはなにか?」と質問されれば、迷うことなく心臓や肝臓などの臓器を思い浮かべるのではないでしょうか。そしてみなさんは、これらの臓器がそれぞれ異なる「はたら …