Sponsered Link

 『老化のメカニズムとそれを抑える方法』でいくら医学(再生医療)が発達しても人間の脳は死(終焉)をまぬがれることはできないと書きました。若干、非科学的な表現になってしまいますが、魂とか自我とか呼ばれる領域なのです。生命科学では、魂や精神は大脳皮質に蓄積された情報(記憶)として理解しています。

 

 私たちの考える個人の記憶と細胞に刻み込まれた記憶は、パソコンでたとえるならばハードディスクやメモリに記録されたソフトウェアのようなもので、非常にパーソナルな情報です。そしてその情報は、意図的であれ無意識であれ、部分的な書き換えや削除が可能です。また、学習とは次々に新しい情報を入れていくことです。その過程で自我とか自分らしさとかそういったものが形づくられるのです。

 

 一方、細胞の中に組み込まれた記憶(遺伝情報)はパソコンの本体をつくる設計図のようなもので、その記憶(遺伝情報)は意図的な改変や書き換えは原則できません。太鼓の昔から悠久の年月をかけて、地球上で適正に生き抜くため、しかももっとも効率的に生きてゆくための情報を細胞という箱の中(遺伝子)に蓄積してきました。

Sponcsered Link

 

 みなさんがパソコン本体を購入しても、そこになんのソフトウェアが入っていないのならばたんなるガラクタで、使いものにはなりません。ソフトウェアを購入して自分の使い勝手のいい、文字通りパーソナルなコンピューターとして、日々進化させて使っているはずです。そしてパソコンが故障したときには新しい部品と取り換えてももとの自分自身のパソコンそのものですが、人間の体ではそおゆうことができません。部品を修理して使うことはできましが、いまある部品の交換はできません。人間の体は、1回失われてしまった部品は二度ともとに戻らないのです、しかし私たちは、パソコン本体が故障したら新しい部品を入れ換えることができたらいいとずっと考えてきました。それを可能にしたのが再生医療です。

設計図

 再生医療とは、個人の記憶をそのまま保つため、細胞の記憶を変える、いわばこの神の領域ともいうべき記憶(遺伝情報)の操作をして、自分の希望するパソコン本体をつくりだし修理したりする技術なのです。

Sponcered Link