不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

手に入れたもの、失ったもの

投稿日:09/02/2015 更新日:


Sponsered Link

 科学の発展にともなって私たち人類は多くのものを手に入れてきました。医学の分野では万能細胞(胚性幹細胞:ES細胞、人工多能性幹細胞:iPS細胞)を操り、髪の領域に足を踏み入れることも可能になったといっても過言ではありません。

 

 宇宙旅行、パソコン、携帯音楽プレイヤー・・・・・。貪欲なまでに私たちは不可能も可能にしてきました。その結果、私たちの生活は驚くほど快適に、しかも安全になりました。医学の分野も同じことがいえます。天から与えられた私たちの体を修理して(治して)使う、いわば古典的な医学ではなく、私たちの体そのものをつくってしまうという再生医療。

Sponcsered Link

 

 得るものばかりで失ったのはほとんどなにもない生命科学の発展は、私たちにプラスのことばかりを与え、マイナスの要因などないように考えがちです。確かにその通りで、マイナスのことはあまり考えられないのも事実です。

 

 そのため最後に、私自身を含め、再生医療という新しい技術で私たちが失うものはないかを考えることも、もしかしたら必要かもしれません。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

クローンと万能細胞の関係

Sponsered Link  移植技術において常に問題となるのが、ドナーの提供と拒絶反応です。ここでは拒絶反応に焦点を当てることとします。    人間の体に他人の細胞・組織・臓器が入ると、 …

no image

なぜ万能細胞は期待されるのか?

Sponsered Link  万能細胞とは「どんな期間・臓器にもなりうる多分化能をもった細胞」とお話してきました。では、いったいこの万能細胞を使うことでなにが期待できるのでしょうか? ある程度知識を …

記憶と細胞の関係

Sponsered Link  『老化のメカニズムとそれを抑える方法』でいくら医学(再生医療)が発達しても人間の脳は死(終焉)をまぬがれることはできないと書きました。若干、非科学的な表現になってしまい …

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

世界で行われている万能細胞研究

Sponsered Link  京都大学の山中伸弥教授の研究グループが開発した万能細胞のiPS細胞は倫理的問題がクリアできる可能性が高いことから、ES細胞研究やクローン研究を凌駕する数のグループ研究が …