不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

手に入れたもの、失ったもの

投稿日:09/02/2015 更新日:


Sponsered Link

 科学の発展にともなって私たち人類は多くのものを手に入れてきました。医学の分野では万能細胞(胚性幹細胞:ES細胞、人工多能性幹細胞:iPS細胞)を操り、髪の領域に足を踏み入れることも可能になったといっても過言ではありません。

 

 宇宙旅行、パソコン、携帯音楽プレイヤー・・・・・。貪欲なまでに私たちは不可能も可能にしてきました。その結果、私たちの生活は驚くほど快適に、しかも安全になりました。医学の分野も同じことがいえます。天から与えられた私たちの体を修理して(治して)使う、いわば古典的な医学ではなく、私たちの体そのものをつくってしまうという再生医療。

Sponcsered Link

 

 得るものばかりで失ったのはほとんどなにもない生命科学の発展は、私たちにプラスのことばかりを与え、マイナスの要因などないように考えがちです。確かにその通りで、マイナスのことはあまり考えられないのも事実です。

 

 そのため最後に、私自身を含め、再生医療という新しい技術で私たちが失うものはないかを考えることも、もしかしたら必要かもしれません。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

難病への決定打〜アルツハイマー、脊髄損傷〜

Sponsered Link  『臓器の作製〜万能細胞による究極の再生医療〜』では、もし豚などの動物と人間をかけ合わせた生命体をつくることができれば、臓器の完全なコピーができる道は開かれるともいいまし …

no image

現在行われている再生医療とは?

Sponsered Link  これまでお話ししてきたように、万能細胞のヒト胚性幹細胞(ES細胞)や人工多機能生幹細胞(iPS細胞)を実際の再生医療に用いることができれば、さまざまな組織、臓器の修復・ …

老化のメカニズムとそれを抑える方法

Sponsered Link  ひと言で老化といってもさまざまな原因が考えられます。そのため老化を抑えるには、これらの原因1つひとつに対処していくしかありません。ここでは、老化はどんな原因で生じるのか …

再生医療はどうやって発展していくのか?

Sponsered Link  がんにおかされた臓器や、古くなった体のパーツは丸ごと取り換えるという非常にドラマチックなことも理論的には可能な再生医療。しかし現実的には、文部科学省が平成21年に策定し …

記憶と細胞の関係

Sponsered Link  『老化のメカニズムとそれを抑える方法』でいくら医学(再生医療)が発達しても人間の脳は死(終焉)をまぬがれることはできないと書きました。若干、非科学的な表現になってしまい …