不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

万能細胞が抱えている問題とは?

投稿日:


Sponsered Link

 すべての事柄は表裏一体、陰と陽、完全なものなどありません。そういう観点からすれば、自然科学の進歩も例外ではありません。自然科学が私たちに数え切れないほどの利益を提供しているのはまぎれもない事実であり、到底その恩恵を少ない紙面で書くことなどかないません。一方で環境問題などの不利益も生じているのも事実です。原子力発電所は私たちに電気というエネルギーを、ほぼ無から有をつくるがごとく無尽蔵に供給してくれますが、ひとたび事故が起これば放射能汚染という重大な危険性をはらんでいます。これと同様に、万能細胞も再生医療、新薬の開発など、自然科学の重要な1分野である医学に大きく貢献していますが、次のような問題があるのも事実です。

 

 ES細胞においては倫理的な問題があります。ヒトの生命の萌芽である胚を壊してつくるということです。さらいES細胞のもとを取りだすためにヒトクローン胚をつくることを認めてしまえば、クローン人間の生産につながりかねないという危惧があります。「ヒトの生命の萌芽である胚を壊してつくる」という問題をクリアしたと考えられるのがiPS細胞ですが、このiPS細胞においても「クローン人間の生産」という倫理問題は常につきまとうでしょう。

Sponcsered Link

 

 さらに実用に際して安全性という問題が常につきまといます。iPS細胞発明の当初、がん遺伝子を導入して作製したこと、遺伝子導入に用いるウイルスががんを引き起こす可能性があるなどの問題がありました。しかし、2008年2月に京都大学のグループが、がん遺伝子を用いないでiPS細胞を作製する技術を確立してこの問題を解決。さらに2008年10月には、同じく京都大学のグループがウイルスを使わない遺伝子導入方法を開発し、1つずつ安全性を高めつつあります。もちろんこれのみで安全性を完全にクリアしたわけではありません。医学には自然科学でありながら、実験科学という側面がとりわけ強いため、やってみなければわからない、時間が経ってみないとなんともいえない、100%は存在しない「不確実」という宿痾(しゅくあ)を、ほかの自然科学以上に内包しています。

iPS細胞の作製

 ただ、私たちは進み続けなければなりません。一番のリスクはリスクを恐れて立ち止まることです。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命倫理と最新科学生命

Sponsered Link  本ページでは万能細胞(胚性幹細胞や人工多能性幹細胞:iPS細胞)を用いた再生医療の具体的方法や創薬、新治療法、今後の見通し、夢などを述べてきました。iPS細胞が登場する …

新しい治療方法と万能細胞

Sponsered Link  『万能細胞で治る可能性のある病気』、『万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?』でもお話した万能細胞、特にiPS細胞と薬や治療方法の話をいま一度くわしく見直してみましょう。 …

記憶と細胞の関係

Sponsered Link  『老化のメカニズムとそれを抑える方法』でいくら医学(再生医療)が発達しても人間の脳は死(終焉)をまぬがれることはできないと書きました。若干、非科学的な表現になってしまい …

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …

つくれる臓器とつくれない臓器

Sponsered Link  みなさんも、もちろん私も、もとをたどせば受精卵というたった1個の細胞です。1個の細胞は妊娠初期(2ヶ月)で完全な人間となり、心臓も脳も肺も手足も完全にできあがってしまい …