不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

なぜ万能細胞は期待されるのか?

投稿日:08/23/2015 更新日:


Sponsered Link

 万能細胞とは「どんな期間・臓器にもなりうる多分化能をもった細胞」とお話してきました。では、いったいこの万能細胞を使うことでなにが期待できるのでしょうか? ある程度知識をおもちの方なら、「万能細胞は、目的とする細胞・組織・臓器を自由につくれるため、移植に使えるのではないか」と答えるのではないかと思います。

 

 確かにそのとおりなのです。つけ加えれば、患者自身から万能細胞を作製するiPS細胞という技術を用いれば、これまでの他人の臓器を移植する移植医療と異なり、拒絶反応のない臓器を移植できるのです。これまでの他人から摘出してそれを別の人に移植する臓器移植では、ドナーの提供が必要であったため、治療が必要な人全員がその恩恵にあずかれるとはかぎりませんでした。こういった問題が万能細胞によってなくなれば、今後ドナーの提供がなくても移植できるようになります。

Sponcsered Link

 

 しかし、そこには乗り越えなくてはならない大きなハードルがあります。iPS細胞が開発される前までは2つの大きなハードルがありましたが、生命倫理というもっともやっかいなハードルを乗り越えたことで、残るハードルは安全性だけになりました。すでに万能細胞を使って再生された臓器(クローン)はきわめてがんになる確率が高いということは説明しました。病気は治ったけれどがんになった、では困ります。もちろんそのほかに、マトリックスの問題、細胞相互作用の問題などなど、乗り越えなくてはならない課題はたくさんありますが、そう遠くない将来、実際の臨床の場に万能細胞やiPS細胞が登場することでしょう。

 そのほか、次項の『万能細胞で治る可能性のある病気』で述べる新薬の開発や病気の診断といった分野でも、そのの応力や用途が期待されています。このことから万能細胞は、いままでにないまったく新しい医学分野を開拓する可能性を秘めています。しかし一方で、男性から卵子、女性から精子をつくることが可能になることから、同性配偶による子の誕生も可能であり、技術的適用範囲には十分な議論が必要になります。

万能細胞が期待されるワケ

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

生命倫理と最新科学生命

Sponsered Link  本ページでは万能細胞(胚性幹細胞や人工多能性幹細胞:iPS細胞)を用いた再生医療の具体的方法や創薬、新治療法、今後の見通し、夢などを述べてきました。iPS細胞が登場する …

つくれる臓器とつくれない臓器

Sponsered Link  みなさんも、もちろん私も、もとをたどせば受精卵というたった1個の細胞です。1個の細胞は妊娠初期(2ヶ月)で完全な人間となり、心臓も脳も肺も手足も完全にできあがってしまい …

no image

ついに人工生命(人工遺伝子)ができた!

Sponsered Link  みなさんは羊のドリーについてのニュースをご存知でしょうか? 1997年にスコットランドのロスリン研究所で、除核した胚細胞に体細胞の核を移植する技術を用い、世界初の体細胞 …

no image

がん細胞とは?

Sponsered Link  これまでも説明してきましたが、ヒトの体は細胞からできています。がんは、ふつうの細胞から発生した異常な細胞のかたまりです。がん細胞は、体の命令を無視して増え続けているため …

no image

細胞のもつ不思議な能力

Sponsered Link  そもそも、サイトを閲覧しているあなたも私も、もとをただせばたった1つの細胞にすぎなかったのです。そう、受精卵というたった1つの細胞です。その細胞が2つになり、4つになり …