不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?

投稿日:


Sponsered Link

 「夢の新薬」。人それぞれの考えがあるかもしれませんが、私は世界に数えるほどしか患者がいない難病に対する薬を夢の新薬だと考えています。がんに対する治療薬でさえいまだ十分効果の高いものがない現状では、万が一、治療薬ができれば、それを夢の新薬というのかもしれません。しかし、がんに対する治療薬は、現在、世界中の大学や企業で研究が進められており、実現するのも時間の問題かもしれません。すなわち私にとってがんに対する夢の新薬は、近い将来かならず実現できる「実現可能の新薬」です。

 

 それよりもむしろ、利益を目的とする企業が参入しづらく、患者不足で研究が十分進んでいない難病は、治療薬が開発されるのがいつになるのか、本当に開発されるのかすら、まったく予想できません。私の知り合いにも呼吸器の難病を患っている人がいます。原因不明で薬がないため、食事制限で対処している日々を過ごしているのです。

 

 世界中には、さまざまな難病で苦しんでいる人がいます。この難病に対する治療薬ができれば、それこそまさに夢の新薬といえるでしょう。そこで、もし難病の治療にiPS細胞という万能細胞が使えるのであれば、研究材料を十分確保でき、治療薬の開発が飛躍的に前進するのではないかと思われます。

Sponcsered Link

新薬の開発

 具体的には、難病の患者からiPS細胞を作製し、それをさまざまな組織の細胞に分化させたあと、普通の細胞と比較することで発症の原因を探ることができ、薬剤を開発することが可能です。

 このように万能細胞を用いることで、これまで開発が進まなかった難病の患者の治療に大きく貢献できると考えられます。まさに夢の新薬の実現は近いといえます。

新薬

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, ,

執筆者:


  1. […]  『万能細胞で治る可能性のある病気』、『万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?』でもお話した万能細胞、特にiPS細胞と薬や治療方法の話をいま一度くわしく見直してみましょう。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

将来有望な再生医療と必要な再生医療

Sponsered Link  現在の再生医療は、体性幹細胞を取りだして、体外で増殖・活性化し、ふたたび体内にもどすという方法が中心となっています。しかしES細胞やiPS細胞という万能細胞については世 …

no image

細胞の自己修復能力と生命の再生能力の違い

Sponsered Link  これまで、細胞の自己複製能力と再生能力についてお話してきました。ここでは、細胞の複製能力と、細胞の集合体である生命の再生能力の違いについてお話しましょう。   …

no image

受精卵とはなにか?〜その能力〜

Sponsered Link  これまで受精卵という言葉を使って説明してきましたが、受精卵にはいったいどのような能力が備わっているのでしょうか?古くは、受精卵の中に子孫の雛形(小さな人の形をしもの)が …

no image

細胞の仕組み〜エネルギー生産、タンパク質製造〜

Sponsered Link ■エネルギー生産  エネルギー生産における代謝には、生きるために必要なエネルギーを環境から取り入れることと、細胞を構築することの2つの目的があります。生物が環境から取り入 …

no image

臓器と細胞の違い〜細胞の集合体が臓器ではない〜

Sponsered Link  みなさんは「臓器とはなにか?」と質問されれば、迷うことなく心臓や肝臓などの臓器を思い浮かべるのではないでしょうか。そしてみなさんは、これらの臓器がそれぞれ異なる「はたら …