不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?

投稿日:


Sponsered Link

 「夢の新薬」。人それぞれの考えがあるかもしれませんが、私は世界に数えるほどしか患者がいない難病に対する薬を夢の新薬だと考えています。がんに対する治療薬でさえいまだ十分効果の高いものがない現状では、万が一、治療薬ができれば、それを夢の新薬というのかもしれません。しかし、がんに対する治療薬は、現在、世界中の大学や企業で研究が進められており、実現するのも時間の問題かもしれません。すなわち私にとってがんに対する夢の新薬は、近い将来かならず実現できる「実現可能の新薬」です。

 

 それよりもむしろ、利益を目的とする企業が参入しづらく、患者不足で研究が十分進んでいない難病は、治療薬が開発されるのがいつになるのか、本当に開発されるのかすら、まったく予想できません。私の知り合いにも呼吸器の難病を患っている人がいます。原因不明で薬がないため、食事制限で対処している日々を過ごしているのです。

 

 世界中には、さまざまな難病で苦しんでいる人がいます。この難病に対する治療薬ができれば、それこそまさに夢の新薬といえるでしょう。そこで、もし難病の治療にiPS細胞という万能細胞が使えるのであれば、研究材料を十分確保でき、治療薬の開発が飛躍的に前進するのではないかと思われます。

Sponcsered Link

新薬の開発

 具体的には、難病の患者からiPS細胞を作製し、それをさまざまな組織の細胞に分化させたあと、普通の細胞と比較することで発症の原因を探ることができ、薬剤を開発することが可能です。

 このように万能細胞を用いることで、これまで開発が進まなかった難病の患者の治療に大きく貢献できると考えられます。まさに夢の新薬の実現は近いといえます。

新薬

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, ,

執筆者:


  1. […]  『万能細胞で治る可能性のある病気』、『万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?』でもお話した万能細胞、特にiPS細胞と薬や治療方法の話をいま一度くわしく見直してみましょう。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

将来有望な再生医療と必要な再生医療

Sponsered Link  現在の再生医療は、体性幹細胞を取りだして、体外で増殖・活性化し、ふたたび体内にもどすという方法が中心となっています。しかしES細胞やiPS細胞という万能細胞については世 …

no image

受精卵と生殖細胞の決定的な違い

Sponsered Link  受精卵と生殖細胞。なんだか同じように聞こえますが、実はまったく違う細胞なのです。受精卵の特性であるたった1つの細胞からすべてのものが発生するため、受精卵の行う細胞分裂は …

no image

変わらない遺伝子、変わる細胞

Sponsered Link これまで細胞についていろいろお話してきました。受精卵は非対称性の細胞分裂を繰り返し、いろいろな役割をもった細胞を200種類以上つくりだします。その後、これらつくりだされた …

no image

人工授精と再生医療

Sponsered Link  配偶子(卵子と精子)には問題がなく、卵管や精子数などそれ以外の原因で子供ができない夫婦のために、人工授精すなわち、体外受精と呼べれている技術が使われています。体外受精は …

no image

老化は万能細胞で止められるのか?

Sponsered Link  私たちは1個の受精卵から始まり、赤ちゃんとし誕生し、子供から大人になります。月日が経つにつれて老化し、肌にしわやたるみがでたり、病気が治りにくくなったりしていきます。老 …