不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

培養皮膚の仕組み

投稿日:08/22/2015 更新日:


Sponsered Link

以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました。実際そおいう大ケガを負った場合には、病院で植皮術(しょくひじゅつ)という、身体のほかの皮膚を取ってきて皮膚がなくなったところに移植する手術を行うことになります。ではもし、体の90%の皮膚が全部なくなってしまったらどういうことになるでしょうか?

 

 実際問題、免疫反応や拒絶反応という問題からマンガ『ブラックジャック』のように他人の皮膚を移植することは絶対できませんし、自分の皮膚は残り10%しかないので、植皮術でも治療することができません。皮膚の再生医療である培養皮膚(ばいようひふ)を用いて人工的に皮膚を再生しないと、この患者さんは一生皮膚がないことになります。当然皮膚がなければ、そこから最近が侵入し、その人は命を落としてしまいます。

Sponcsered Link

 培養皮膚とは皮膚の再生医療、自分自身の皮膚という臓器のコピーのことです。臓器をつくるのは細胞であり、細胞があれば臓器をつくることができると書いてきましたが、単純に培養皮膚は表皮細胞を取りだしてきて数を増やしただけのものではありません。前項で書いた『皮膚を維持する仕組み』を思い出してください。表皮細胞は、角質(ケラチン)を溜め込んで死んでします細胞です。そのような細胞だけを使っても、皮膚を維持する仕組みは構築されません。培養皮膚とは、皮膚を維持するキーパーソンとなる細胞を使ってつくった人工の皮膚なのです。基底層では女王蜂のような表皮細胞があって、その女王蜂が働き蜂のような表皮細胞をたくさんつくり続けているのです。培養皮膚とはまさにこの女王蜂を培養し、数を増やし、皮膚のなくなったところに移植する医療なのです。

培養皮膚の仕組み

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

毛髪は再生はなぜ難しいのか?

Sponsered Link  「つくれる臓器とつくれない臓器」のページで、複数の細胞群からできている臓器(器官)は再生医療の恩恵にあずかることが難しい、さらに現時点で再生医療の対象になるのは比較的単 …

個体の進化と細胞の特殊化

Sponsered Link  太古の地球に偶然に出現した有機物から拡散へ。こうして生命は始まりました。自己複製を繰り返すだけの原始細菌(単細胞生物:細胞1個だけからなる生命体)には、細胞の特殊化(分 …

再生医療の問題点

Sponsered Link  『生命倫理と最新科学生命』では万能細胞(ES細胞やiPS細胞)を用いた再生医療の倫理的側面をお話しましたが、ここでは技術的側面にしぼってお話します。    再 …

no image

そして細胞の集合体・高等生物へ

Sponsered Link  多細胞生物を構成する細胞は、たとえばバラバラにしても常に集合しようとする性質があり、もとの多細胞化に戻ろうとします。これは、多細胞生物における細胞表面に接着物質や接着装 …

no image

どうやって再生するのか?

Sponsered Link  再生医療による治療のステップは、再生しようとする臓器を構成する細胞(群)を手に入れる、もしくはつくりだすことから始めます。目的の臓器が残っている場合は、その臓器から細胞 …