不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

臨床研究はなにが重要なのか?

投稿日:


Sponsered Link

 現在、再生医療においては、臨床研究自由診療が実施されています。自由診療は保険診療と異なり、臨床研究を実施していなくても医師の裁量のもと治療することが可能です。そのため、十分な効果が得られていない場合や、安全性が十分確認できていない場合でも治療が実施できてしまうという欠点があります。このため臨床研究の行われていない自由診療は行うべきではありません。また、他国で十分や臨床研究が行われても、第三者による監視機関である倫理委員会は必須です。

 

 現在、多くの医師が培養皮膚を用いた治療を自由診療にて提供していますが、これはアメリカの臨床研究がひととおり終了し、有効性と安全性が認められたものです。一部の自由診療を行う医療機関では、安全と有効性の確認のないまま実施するという現状も決してめずらしいことではなく、われわれの周りに存在しています。

臨床研究

Sponcsered Link

 医療とは違いますが、「◯◯ががんに効く」という広告をよく見かけます。しかし、実際にはなんの効果も実証されていないという場合がよくあります。医療に携わる人間は、常にモラルを守ることが必須であり、なによりもまず患者さんが安心して治療を受けることができ、健康を維持して幸せに暮らせるようにすることが重要であると考えています。そのためには、副作用のない、もしくは副作用の少ない安全な治療であることを証明するだけではなく、科学的根拠にもとづく疾病の原因や病態を解明していく必要があります。さらに治療においてどのような効果があるのかを示していくようにしていくことも必要です。そのために、臨床研究をしていくことは重要であると思われます。

がん広告

 臨床研究について調べると、「人を対象として用いて、疾病の予防方法、診断方法および治療方法の改善、疾病原因および病態の理解ならびに患者の生活の質の向上を目的として実施される医学研究」という説明が見つかります。この説明にあるように、「患者の生活の質の向上」のためには、臨床研究を実施することが重要であり、それが医療の進歩に欠かせないといえます。そして臨床研究を実施するにあたっては、なによりも「患者の生活の質の向上」を優先的に考えていくことが重要です。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?

Sponsered Link  「夢の新薬」。人それぞれの考えがあるかもしれませんが、私は世界に数えるほどしか患者がいない難病に対する薬を夢の新薬だと考えています。がんに対する治療薬でさえいまだ十分効 …

no image

世界で行われている万能細胞研究

Sponsered Link  京都大学の山中伸弥教授の研究グループが開発した万能細胞のiPS細胞は倫理的問題がクリアできる可能性が高いことから、ES細胞研究やクローン研究を凌駕する数のグループ研究が …

no image

再生医療の定義〜再生させる医療と再生医療の違い〜

Sponsered Link  これまでは、細胞の基礎的な内容をお話ししてきました。そして再生医療と深く関わりのある幹細胞、ES細胞、iPS細胞などの基礎についても学んできました。それでここからは、再 …

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …

no image

皮膚を維持する仕組み

Sponsered Link  『傷の再生の仕組み』で、傷の再生のなかで表皮細胞などがどのように関わっているのかをお話しました。ここでは世界で初めて再生医療の対象になった皮膚についてお話します。 &n …