不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

細胞を用いる医療とその可能性

生命倫理と最新科学生命

投稿日:


Sponsered Link

 本ページでは万能細胞(胚性幹細胞や人工多能性幹細胞:iPS細胞)を用いた再生医療の具体的方法や創薬、新治療法、今後の見通し、夢などを述べてきました。iPS細胞が登場するまでヒト万能細胞は胚性幹細胞(ES細胞)のことであり、ES細胞は人間のもと(生命の萌芽)の受精卵を破壊して得られますから、ある意味、殺人です。なぜなら受精卵は、そのまま子宮に着床したら人間になるものだからです。そして「ある人を助けるために別の人を殺す」という考えも成り立ちます。この考えは2006年、当時の大統領であるブッシュ氏をして、生命の尊厳の観点からアメリカ連邦政府によるES細胞研究をストップさせる根拠となったのです。

 

 再生医療の倫理的な問題の本質は、「命の芽」を摘み取る殺人の可能性があるという理由ではありません。人工多能性幹細胞(iPS細胞、人工的につくられた万能細胞)は生命の萌芽を破壊する受精卵(胚細胞)の操作を行わないので「命の芽」を摘み取る可能性はまったくないにもかかわらず、医学的研究にも倫理的な問題はつきまとっています。いったいなぜでしょうか?  

Sponcsered Link

 

 再生医療の本質とは、いわば神が決めた領域にわれわれ人類が干渉する行為だからです。男には卵子をつくれない、男だけでは子孫を残せない、あたり前です。切断した腕はもとどおりにならない、当然でした。いままでにも倫理的なクライシスや論争は、再生医療以外でも自然科学の発達の歴史で多く見られました。そのたびに私たちは人間(神)を再定義することで、それらのクライシスを乗りきってきました。古くは「それでも地球は回っている」といったガリレオ。「人間はサルから進化した」と言ったダーウィン。

 有史以来、私たちは、その時代に与えられた人間と神の枠の中で生きてきました。この世に生を受けること。死ぬこと。病気になること。どうしても避けることはできないものもあります。そしてあきらめざるをえなかったものを「神」として、神聖なものとして定義してきました。再生医療はその領域に踏み込む技術なので、倫理的な問題が常につきまとうのです。

Sponcered Link

-細胞を用いる医療とその可能性
-,

執筆者:


  1. […]  『生命倫理と最新科学生命』では万能細胞(ES細胞やiPS細胞)を用いた再生医療の倫理的側面をお話しましたが、ここでは技術的側面にしぼってお話します。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

いま現実になっている再生医療

Sponsered Link  「細胞を用いる医療とその可能性」では再生医療とはなにかについて基礎的なことを中心にお話してきました。再生医療についてだいぶ理解できたのではないかと思います。さらに理解を …

no image

遺伝子を操作する技術

Sponsered Link  今世紀のもっとも偉大な発見である万能細胞、iPS細胞が体細胞に数種類の遺伝子を導入することによって作製されることは、あまりにも有名な事実です。もちろんこのiPS細胞を作 …

生命の死と細胞・遺伝子

Sponsered Link  人にかぎらず生物は、いつか死んでしまいます。不老不死という言葉がありますが、みなさんは不老不死が可能だと考えますか?    答えは・・・・あるといえばある、な …

no image

人工授精と再生医療

Sponsered Link  配偶子(卵子と精子)には問題がなく、卵管や精子数などそれ以外の原因で子供ができない夫婦のために、人工授精すなわち、体外受精と呼べれている技術が使われています。体外受精は …

つくれる臓器とつくれない臓器

Sponsered Link  みなさんも、もちろん私も、もとをたどせば受精卵というたった1個の細胞です。1個の細胞は妊娠初期(2ヶ月)で完全な人間となり、心臓も脳も肺も手足も完全にできあがってしまい …