Sponsered Link

 本ページでは万能細胞(胚性幹細胞や人工多能性幹細胞:iPS細胞)を用いた再生医療の具体的方法や創薬、新治療法、今後の見通し、夢などを述べてきました。iPS細胞が登場するまでヒト万能細胞は胚性幹細胞(ES細胞)のことであり、ES細胞は人間のもと(生命の萌芽)の受精卵を破壊して得られますから、ある意味、殺人です。なぜなら受精卵は、そのまま子宮に着床したら人間になるものだからです。そして「ある人を助けるために別の人を殺す」という考えも成り立ちます。この考えは2006年、当時の大統領であるブッシュ氏をして、生命の尊厳の観点からアメリカ連邦政府によるES細胞研究をストップさせる根拠となったのです。

 

 再生医療の倫理的な問題の本質は、「命の芽」を摘み取る殺人の可能性があるという理由ではありません。人工多能性幹細胞(iPS細胞、人工的につくられた万能細胞)は生命の萌芽を破壊する受精卵(胚細胞)の操作を行わないので「命の芽」を摘み取る可能性はまったくないにもかかわらず、医学的研究にも倫理的な問題はつきまとっています。いったいなぜでしょうか?  

Sponcsered Link

 

 再生医療の本質とは、いわば神が決めた領域にわれわれ人類が干渉する行為だからです。男には卵子をつくれない、男だけでは子孫を残せない、あたり前です。切断した腕はもとどおりにならない、当然でした。いままでにも倫理的なクライシスや論争は、再生医療以外でも自然科学の発達の歴史で多く見られました。そのたびに私たちは人間(神)を再定義することで、それらのクライシスを乗りきってきました。古くは「それでも地球は回っている」といったガリレオ。「人間はサルから進化した」と言ったダーウィン。

 有史以来、私たちは、その時代に与えられた人間と神の枠の中で生きてきました。この世に生を受けること。死ぬこと。病気になること。どうしても避けることはできないものもあります。そしてあきらめざるをえなかったものを「神」として、神聖なものとして定義してきました。再生医療はその領域に踏み込む技術なので、倫理的な問題が常につきまとうのです。

Sponcered Link