不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 細胞を用いる医療とその可能性

老化は万能細胞で止められるのか?

投稿日:


Sponsered Link

 私たちは1個の受精卵から始まり、赤ちゃんとし誕生し、子供から大人になります。月日が経つにつれて老化し、肌にしわやたるみがでたり、病気が治りにくくなったりしていきます。老化とは、私たちが逃れることのできない運命だと思われます。しかし、これまで学んだ万能細胞が発見されたことで、老化を止めることができるようになるのでしょうか?

 

 老化のメカニズムは十分解明されているわけではありませんが、その候補の1つとして、染色体の末端に存在するテロメアの短縮があります。通常の細胞の場合、分裂前の細胞( 母細胞)と分裂してできる2つ以上の細胞(娘細胞)は、原則母細胞のコピーであり、機能的な差がまったくないのは事実ですが、実はテロメアと呼ばれる部分だけが異なっているのです。体細胞は、細胞分裂を繰り返すたびにテロメアが短くなり、ある一定の長さになると分裂できなくなってしまいます。これが老化の1つの機序であろうと考えられています。ただ、万能細胞は分裂を繰り返してもテロメアの長さは維持されています。もし、体細胞が万能細胞のようにテロメアの長さを維持し続けることが可能ならば、老化を防げるかもしれません。

Sponcsered Link

テロメア

 最近、これに関連した報告がありました。2010年2月に先天性角化異常症患者(染色体の両端部にあるテロメアが異常に短くなる難病)の皮膚細胞からiPS細胞をつくり、テロメアの長さを回復されることに成功したそうです。先天性角化異常症では、テロメアが短くなることから老化が早まるほか、貧血や皮膚の異常などの症状があります。今回の成果で、老化のメカニズムが一歩前進するとともに、万能細胞で老化を防ぐことができる可能性が生まれました。しかし一方で、2010年2月にヒトiPS細胞由来の血管芽細胞では増殖・分化能が劣り、ヒトiPS細胞由来の血管内皮細胞および網膜色素上皮細胞では早い細胞老化がみられることを示した論文が発表されました。

 万能細胞の研究はまだ始まったばかりであり、現実には乗り越えられない壁がまだまだあります。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 細胞を用いる医療とその可能性
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

DNAは生命の「基本的計画」

Sponsered Link  先ほども説明しましたが、核と呼ばれる場所に遺伝子が存在しています。この遺伝子はどういったものなのでしょうか?    1つの細胞には1つの核があります。細胞が2 …

no image

受精卵と生殖細胞の決定的な違い

Sponsered Link  受精卵と生殖細胞。なんだか同じように聞こえますが、実はまったく違う細胞なのです。受精卵の特性であるたった1つの細胞からすべてのものが発生するため、受精卵の行う細胞分裂は …

no image

不老不死は実現できるのか?

Sponsered Link  日本は世界一の長寿国といわれています。医療や公衆衛生などの環境の向上によって寿命は格段に上昇し、100歳を超えるヒトが増えてきたのも事実です。そして、3大死因と呼ばれる …

つくれる臓器とつくれない臓器

Sponsered Link  みなさんも、もちろん私も、もとをたどせば受精卵というたった1個の細胞です。1個の細胞は妊娠初期(2ヶ月)で完全な人間となり、心臓も脳も肺も手足も完全にできあがってしまい …

no image

「夢」の医療の正体とは?

Sponsered Link  少し脱線してしまいますが、人間を動かす最大の力は我欲や金銭欲ではなく「夢」だと私は考えています。人類が「夢」見た多くのものは、たとえそれが、その当時はまったく荒唐無稽に …