Sponsered Link

 ひと言で老化といってもさまざまな原因が考えられます。そのため老化を抑えるには、これらの原因1つひとつに対処していくしかありません。ここでは、老化はどんな原因で生じるのか、そして老化はどうやって抑えるのかについてお話します。

 

 老化は、遺伝的要因、ホルモン分泌の低下、活性酸素、肥満などが原因となって生じます。遺伝子的要因に関しては、テロメアの短縮により細胞分裂ができなくなることや、モータリン1というタンパク質の存在などが原因と考えられています。

老化の原因

 活性酸素は、放射線、電磁波、紫外線、喫煙、待機・水質汚染、食品添加物、神経的ストレスといったさまざまな要因で発生します。この活性酸素は、細胞膜やミトコンドリア、細胞核に障害を与え、細胞数の減少、組織障害を引き起こします。

 

 肥満は活性酸素を発生させやすいだけでなく、運動量が低下するため、骨量や筋肉量が減り、若い体を維持できなくなります。さらに肥満は、糖尿病、高脂血病、高血圧などの原因となり、動脈硬化を進め、身体の内から老化を加速させます。

Sponcsered Link

 

 また、成長ホルモン、メラトニン、男性ホルモン、女性ホルモンなど若さと健康を保つために必要なホルモン分泌が一定レベルを下回ると、活力や健康、美しさ、たくましさ、機能性などが低下します。

 

 このように老化はさまざまな原因で生じますが、再生医療の技術を用いてどうやってそれを抑えたらよいのでしょうか?  

 

 結論からいうと老化とは、上記のように単一の事象で起こるのではないため、いくら万能細胞を用いた再生医療を駆使しても不老不死はきわめて難しいのではないでしょうか。

 『臓器の作製〜万能細胞による究極の再生医療〜』でもお話しましたが、動物と人間のキメラ(混合生命)である生体臓器工場では、人体のすべての臓器をつくることができます。老化して筋力の衰えた手足や、折れやすくなった骨を付け替えることができるようになrかもしれません。また老化した肌を取り替えて、いつまでも若い容姿を保つことができるようになるかもしれません。実際いアメリカ、ヨーロッパそしてわが国では、再生医療である培養皮膚によって肌を若々しくする医療が始まっています。ただ、この方法を駆使しても人間の脳は死をまぬがれることはできないでしょう。

Sponcered Link