Sponsered Link

 

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)胚性幹細胞(ES細胞)などの万能細胞クローン生殖補助医療技術、そして再生医療。一見、難しそうな言葉が並んでいますが、けっそてそんなことはありません。

 みなさんも子供の頃に経験されたことがあるはずですが、転んで膝小僧をすりむいた、気づかないうちにその傷は治ってしまっていたのではないでしょうか。永遠にすりむいたところが痛んで出血し続ける、などということはなかったはずです。

img004

「どうして傷は治るのかな?」「治る傷と治らない傷の違いってなんなんだろう?」。とってもばかげた質問のように聞こえます。「そりゃ、すり傷やかすり傷は治るけど、肉までむきだしになったような大怪我をしたら、ときには死んでしまうかも」。こんな答えが返ってきそうですね。

Sponcsered Link

 はたして、どこまでが治る傷なのか? どこからが死に至るケガなのか? そんな単純な質問を知るために分子生物学者たちは日夜、研究を続けています。

 そして、iPS細胞という正規の大発見も、最初はこんな単純な疑問から出発したのです。傷が治るためには、細胞レベルで再生、自己修復されなければなりません。われわれの肉体を構成している細胞の働きを知ると、「なるほどそうなのか! これが細胞なのか!」「不老不死って?」「病気って?」「がんって?」などの謎が解けてくるのです。

このサイトの大きなテーマは「細胞と医療」です。次世代の医療はどうなっていくのか? 10年後、20年後、どういう医療が実現されているのか? その答えを探るため、多少おおげさに見える「夢」であっても、実現可能な「夢」ならば、その可能性をどんどん掘り下げて解説していきたいと思います。 

unnamed

Sponcered Link