不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

ウイルスと細胞との決定的違い

投稿日:07/12/2015 更新日:


Sponsered Link

 みなさん、テレビや新聞のニュースで、「インフルエンザ」という言葉をよく目にしたり耳にしたりしていると思います。このインフルエンザこそウイルスなのです。では、ウイルスは細菌と同じでしょうか?

 

 1892年、タバコモザイク病の病原が細菌ろ過器を通過しても感染性を失わないことをロシアのディミトリ・イワノフスキー(左)が発見し、それが細菌よりも微小で顕微鏡でも観察できない存在であることを報告しました。このろ過性の病原体が小さな細菌なのか、それともそうでないのか、議論が分かれました。しかし、1935年にアメリカのウェンデル・スタンリー(右)がタバコモザイクウイルスを結晶化することに成功し、この結晶が感染する能力をもっていることを示しました。当時の科学者は、化学物質のように結晶化することのできる生物が存在するということに、強い衝撃を受けました。ここにきてようやくウイルスは、細菌とは異なる生物であることが証明されたわけです。

4907-2220px-Wendell_Meredith_Stanley

Sponcsered Link

 

 実際にウイルスは、遺伝子とそれを保護するタンパク質の殻のみからできていて、細胞を構成するゴルジ体やミトコンドリアなどといった細胞に備わる小器官をもたないため、ウイルスそれ自体ではタンパク質やエネルギーをつくることができません。そのためウイルスは、細胞という形をもつ細菌とは大きく異なっています。

 

 また、ウイルスは遺伝子とタンパク質のみからできていて、自分でエネルギーをつくることもタンパク質をつくることもできませんが、遺伝情報を次世代に伝える仕組みだけはもっているため、非常におもしろい形、たとえるならUFOに似た形をしています。エネルギーも食料ももたない乗務員だけのUFOが、ほかの星を侵略する場面を想像してみてください。このUFOがほかの星(生物の細胞)に着陸すると中から乗務員(遺伝子)がでてきて、ほかの星(生物の細胞)の中で増えていきます。やがて増えたウイルスはふたたびUFOとなり侵略し破壊しつくした星(生物の細胞)から去ってしまいます。

 このようにウイルスは、細胞とは大きく異なる特徴があります。

untitled

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

単細胞生物と多細胞生物の違い

Sponsered Link 単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、あ …

no image

細胞の自己修復能力と生命の再生能力の違い

Sponsered Link  これまで、細胞の自己複製能力と再生能力についてお話してきました。ここでは、細胞の複製能力と、細胞の集合体である生命の再生能力の違いについてお話しましょう。   …

no image

人体を構成する細胞の種類

Sponsered Link  私たちの体が約60兆個の細胞からできていることからも予想できるように、非常に多くの種類(200種類以上) の細胞が存在しています。そして、それぞれの細胞が独自の構造と機 …

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …

no image

人体は約60兆個もの細胞の集合体

Sponsered Link  ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。ある試算では、これらの細胞のうち1日で約3000億個が死に、この数を補うように毎日新しい細胞が誕生しているともいわれ …