不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

細胞と細胞の緻密な連絡〜伝達物質〜

投稿日:07/16/2015 更新日:


Sponsered Link

 生物は多細胞化の道をたどることによって、単細胞では決して得られない有利な生命継続の手段を手に入れました。その反面、内部に位置する細胞は、外部の環境と直接的なエネルギーのやり取りをもつことができなくなり、移送のために特別な細胞が必要になりました。すなわち細胞同士の役割分担は必要不可欠になっているのです。そこで次に多細胞生物が、役割分担(細胞間相互作用)をスムーズに行うために細胞間で情報のやり取りをどのようにしているのかについて説明します。

estock_commonswiki_176583_o

Sponcsered Link

 動物では、化学信号としての化学伝達物質(ホルモン、サイトカイン、ケミカルメディエーター、グロースファクターなど)と、電気信号としての神経組織を発達させてきました。化学伝達物質は体内の特定の部位でつくられ、他の部位(遠方や近接)に運ばれて作用をおよぼします。化学伝達物質としては、血糖値に関係するインシュリンや血圧の上昇に関係するアドレナリンなどがあります。これらの中には別の化学伝達物質の分泌を刺激するためのものも多く、いく段階かを経て最終の生理効果を示すことから、化学伝達物質の効果は神経伝達に比べて非常にゆっくりとしか現れません。

 

 一方、神経細胞はミリ秒単位で情報が伝達できます。神経は主に3つの部分い区分けされ、細胞核のある細胞体、他の細胞からの入力を受ける樹状突起(じゅじょうとっき)、他の細胞に出力する軸索(じくさく)に分けられます。

fig1-1

 前の細胞の軸索終末と後ろの細胞にある樹状突起の間の情報を伝達する部分には、微小な間隙をもつシプナスト呼ばれる化学物質による伝達構造が形成されています。神経細胞は、神経細胞同士が突起を伸ばし合ってつながり、全身に送信網がつくりあげられています。神経細胞の基本的な機能は、神経細胞へ入力刺激が入ってきた場合に、活動電位を発生させ、ほかの細胞に情報を伝達することです。活動電位とは、なんらかの刺激に応じてナトリウムイオンやカリウムイオンが細胞内外に濃度差をつくることで細胞膜に生じる、一過性の膜電位の変化をいいます。

 1つの神経細胞に複数の細胞から入力したり、活動電位が起きる限界値を変化させたりすることにより、情報の修飾が行われるのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

細胞の仕組み〜エネルギー生産、タンパク質製造〜

Sponsered Link ■エネルギー生産  エネルギー生産における代謝には、生きるために必要なエネルギーを環境から取り入れることと、細胞を構築することの2つの目的があります。生物が環境から取り入 …

no image

ES細胞(胚性幹細胞)とiPS細胞の違いは?

Sponsered Link  最近よく話題になっているものにiPS細胞(人工多能性幹細胞)があります。みなさんもテレビや新聞、雑誌などで一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 &nbsp …

no image

細胞のもつ不思議な能力

Sponsered Link  そもそも、サイトを閲覧しているあなたも私も、もとをただせばたった1つの細胞にすぎなかったのです。そう、受精卵というたった1つの細胞です。その細胞が2つになり、4つになり …

no image

再生医療の歴史

Sponsered Link  私たちあh体が外傷などを負ったときに、傷を治す自己再生機能をもっています。このような自己再生機能は古くから知られており、古代インカでは、どの程度のケガならば身体は復活( …

no image

数万年を数時間で再現する発生〜1つの受精卵〜

Sponsered Link  生物は、単細胞生物から多細胞生物へと進化し、多細胞生物のなかでさらに高等生物へと進化してきました。そしてこのように進化してきた生物の歴史は、高等生物になっても発生の段階 …