不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

死なないための遺伝子戦略

投稿日:07/14/2015 更新日:


Sponsered Link

 遺伝子が生き残っていく(死なない)ためには、遺伝物質の正確さ、すなわち遺伝物質の化学的な安定性を高めていくことが必要です。これまで遺伝物質としては、DNA以外にタンパク質やRNAも考えられてきました。しかし高分子で、非常に多くの種類からなるタンパク質では、細胞に含まれるすべてのタンパク質の正確なコピーをつくって子孫に伝えていくことは、ほの不可能です。またRNAは、DNAに近い配列をもっているため遺伝物質として考えられる要素をもっています。実際、DNAでなくRNAをもつレトロウイルスなども現存しています。しかし、RNAは非常に不安定であり、物理的および化学的な分解を受けやすいという欠点があります。

f-DNAbasepair

 以上を踏まえると、生命が40億年の進化を経て獲得してきた仕組みのなかで、デオキシリボ核酸(DNA)という化学物質は、遺伝物質として非常に優れた物理化学的特性を備えているといえます。DNAの特徴を示すと次のようになります。

Sponcsered Link

 

1)DNAを構成する塩基は水酸基(OH)をもたないため、化学反応を受けにくい

 

2)DNAは2重螺旋構造のため安定した強固な構造である

 

3)アデニンとチミン、グアニンとシトシンの間で必ず水素結合をとるため、構造が安定化する

 

4)DNA鎖をコンパクトにして物理的切断を防ぐ

 

 このようにDNAは、自身を安定化させるために何重もの対策をとっています。

 

 しかしながら、いくら物理化科学的に優れた物質(DNA)であろうと、永久にその性質を保証するものではありません。死なないための遺伝子としてのDNAの決定的な戦略は、宇宙からやってくる紫外線、超新星爆発によるガンマ線やほかの生命体からの攻撃(毒素)により損傷を受けてしまったDNAを、①細胞内ですばやく検出することができるような形状に変化することと、②損傷によって変化し、失われた情報を修復するために、損傷を受けていないDNA(相補鎖DNA)をもとにつくりだされることなのです。

 

 ①と②は生命そのものです。ただ、生命が先に生まれ遺伝子の巧妙な戦略が生まれたのか。遺伝子の不死化の戦略のはてに生命が生まれたのかはわかりません。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

細胞と細胞の緻密な連絡〜伝達物質〜

Sponsered Link  生物は多細胞化の道をたどることによって、単細胞では決して得られない有利な生命継続の手段を手に入れました。その反面、内部に位置する細胞は、外部の環境と直接的なエネルギーの …

no image

細胞を操作する技術

Sponsered Link  現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。   …

no image

現在行われている再生医療とは?

Sponsered Link  これまでお話ししてきたように、万能細胞のヒト胚性幹細胞(ES細胞)や人工多機能生幹細胞(iPS細胞)を実際の再生医療に用いることができれば、さまざまな組織、臓器の修復・ …

no image

細胞の集合体と相互間作用

Sponsered Link  基本的に細胞の集合体、すなわち多細胞化した細胞においては、内部に位置する細胞は、外部の環境と直接的な物質やエネルギーのやり取りをもつことができません。しかし、多細胞生物 …

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …