不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

4つの塩基が選ばれた理由

投稿日:07/12/2015 更新日:


Sponsered Link

 前節でお話ししたように、DNAは、4つの塩基であるA(アデニン)、T(チミン)、C(シトニン)、G(グアニン)からできています。このうちアデニンは、様々な物質の構成成分になっており、特にATPというもっとも重要なエネルギー物質の塩基部分として、主に動物の体内で利用されています。

 

 このようにアデニンは、ほかの塩基と違った性質をもっています。では、なぜアデニンだけがほかの生体反応に利用されているのでしょか?

 

 その理由は、アデニンの化学構造としての安定性が高いためではないかと考えられています。アデニンは化学反応で簡単につくれるので、原始の地球でもありふれた物質であったと考えられます。このようなことから生命にとってアデニンは、最も利用しやすい物質であったと考えられています。

 

 また、DNAにはチミンという構成物質があります。これはウラシルという物質と非常によく似ています。しかし、DNAはウラシルを構成物質とはしませんでした。その理由は、ウラシルはDNAの構成物質であるシトシンが分解してしまうと簡単につくられてしまうからです。

Sponcsered Link

 

 仮にDNAがチミンの代わりにウラシルを構成成分としていたらどうなるでしょうか?

 

 DNAの構成がウラシルの次にシトシンが並んでいる場合に、シトシンが外部からの影響でウラシルに変わったとします。そうするとウラシルとウラシルが並んだ状態となり、どちらがもとのウラシルかわからなくなります。その場合、このままの状態で親から子に遺伝子が伝わり、まったく別のものとなってしまいます。

 

 このように、DNAは遺伝という重要な役割のために構成物質を安定に保存する必要があり、そのためには、ウラシルではなくチミンを構成物質とすることが必要不可欠だったのです。

 DNAの構成物質である4つの塩基が選ばれた理由は、単純そうにみえて実は非常に奥深いのです。

image1-4

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

細胞のもつ不思議な能力

Sponsered Link  そもそも、サイトを閲覧しているあなたも私も、もとをただせばたった1つの細胞にすぎなかったのです。そう、受精卵というたった1つの細胞です。その細胞が2つになり、4つになり …

no image

細胞内小器官の発達

Sponsered Link  原核細胞と真核細胞を区別する特徴の1つに、細胞内器官が高度に発達していることが挙げられます。細胞内器官としては、細胞核、ミトコンドリア、葉緑体、小胞体などがあります。で …

no image

受精卵とはなにか?〜その能力〜

Sponsered Link  これまで受精卵という言葉を使って説明してきましたが、受精卵にはいったいどのような能力が備わっているのでしょうか?古くは、受精卵の中に子孫の雛形(小さな人の形をしもの)が …

no image

細胞の自己修復能力と生命の再生能力の違い

Sponsered Link  これまで、細胞の自己複製能力と再生能力についてお話してきました。ここでは、細胞の複製能力と、細胞の集合体である生命の再生能力の違いについてお話しましょう。   …

no image

人工授精と再生医療

Sponsered Link  配偶子(卵子と精子)には問題がなく、卵管や精子数などそれ以外の原因で子供ができない夫婦のために、人工授精すなわち、体外受精と呼べれている技術が使われています。体外受精は …