不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

4つの塩基が選ばれた理由

投稿日:07/12/2015 更新日:


Sponsered Link

 前節でお話ししたように、DNAは、4つの塩基であるA(アデニン)、T(チミン)、C(シトニン)、G(グアニン)からできています。このうちアデニンは、様々な物質の構成成分になっており、特にATPというもっとも重要なエネルギー物質の塩基部分として、主に動物の体内で利用されています。

 

 このようにアデニンは、ほかの塩基と違った性質をもっています。では、なぜアデニンだけがほかの生体反応に利用されているのでしょか?

 

 その理由は、アデニンの化学構造としての安定性が高いためではないかと考えられています。アデニンは化学反応で簡単につくれるので、原始の地球でもありふれた物質であったと考えられます。このようなことから生命にとってアデニンは、最も利用しやすい物質であったと考えられています。

 

 また、DNAにはチミンという構成物質があります。これはウラシルという物質と非常によく似ています。しかし、DNAはウラシルを構成物質とはしませんでした。その理由は、ウラシルはDNAの構成物質であるシトシンが分解してしまうと簡単につくられてしまうからです。

Sponcsered Link

 

 仮にDNAがチミンの代わりにウラシルを構成成分としていたらどうなるでしょうか?

 

 DNAの構成がウラシルの次にシトシンが並んでいる場合に、シトシンが外部からの影響でウラシルに変わったとします。そうするとウラシルとウラシルが並んだ状態となり、どちらがもとのウラシルかわからなくなります。その場合、このままの状態で親から子に遺伝子が伝わり、まったく別のものとなってしまいます。

 

 このように、DNAは遺伝という重要な役割のために構成物質を安定に保存する必要があり、そのためには、ウラシルではなくチミンを構成物質とすることが必要不可欠だったのです。

 DNAの構成物質である4つの塩基が選ばれた理由は、単純そうにみえて実は非常に奥深いのです。

image1-4

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

寄生虫ミトコンドリア

Sponsered Link  真核細胞には、ミトコンドリアと呼ばれる細胞内小器官が存在しています。このミトコンドリアは、細胞とは違う独自の増殖機能・遺伝機構をもっていますが、同じ細胞内なのになぜ独立 …

no image

そして細胞の集合体・高等生物へ

Sponsered Link  多細胞生物を構成する細胞は、たとえばバラバラにしても常に集合しようとする性質があり、もとの多細胞化に戻ろうとします。これは、多細胞生物における細胞表面に接着物質や接着装 …

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …

no image

細胞を操作する技術

Sponsered Link  現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。   …

no image

遺伝子が仕掛ける罠〜細胞分裂〜

Sponsered Link 私たちの体はいつも同じように見えますが、実は毎日多くの細胞が死んでおり、絶えず新しい細胞をつくらなければなりません。そしてそのために細胞が行っている作業が細胞分裂です。細 …