不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

原核細胞と真核細胞

投稿日:07/14/2015 更新日:


Sponsered Link

 細胞はその内部の構造から原核細胞真核細胞に分けられます。この2つの細胞でもっとも大きな差異は、原核細胞に細胞核がないことです。細胞核がないと、みなさんをなにを連想するでしょうか? いままで生命をつむぐ源はDNAであり、そのDNAは細胞核の中に存在していると書いてきましたし、以前学校で細胞核にDNAがあると学んだ人は、原核細胞にはDNAがないと思った人もいるのではないでしょうか?

001

 実は原核細胞には、細胞核がなくても遺伝担体(DNA)はしっかりと存在しています。ただ、存在の仕方が異なっているだけなのです。原核細胞のDNAは核様体と呼ばれる形で凝縮し、多くは細胞膜に付着して存在しています。また、原核細胞の遺伝担体(DNA)は染色質であるクロマチンを欠いているので、厳密には染色体というものは存在しません。

Sponcsered Link

 

 一方、真核細胞では、DNAは1本または複数本の分子から構成される染色体と呼ばれる構造になっています。染色体は、DNAがヒストンと呼ばれるタンパク質に絡みついて、しっかりと凝縮した状態になっています。真核細胞の場合、すべての染色体のDNAは核の中に閉じ込められていて、核膜によって細胞質と隔てられています。

 

 そのほかにも、原核細胞と真核細胞の違いはいくつかあります。原核細胞では、タンパク質をつくるのに必要なリボソームは細胞内に浮遊しているので細胞質基質がザラザラしていますが、真核細胞ではリボソームの主要な部分が小胞体に結合しているため、細胞質基質はザラザラしていません。

 

 以上、非常に多くの違いが認められる原核細胞と真核細胞が、もっとも違うのは細胞内小器官でしょう。ミトコンドリアや葉緑体などの細胞内小器官は、真核細胞では何種類かが存在し、またそれらが独自のDNAをもつものもあります。

 一方、原核細胞にはそれが認められません。真核細胞に認められる細胞内小器官はもともと別の細胞(生物)であり、共生によって細胞小器官となったとする「細胞内共生説」が、現在ではほぼ認められているように、生命が常に別の生命と協力しあって命の連鎖をつないできた証拠がここにもあるのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人体は約60兆個もの細胞の集合体

Sponsered Link  ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。ある試算では、これらの細胞のうち1日で約3000億個が死に、この数を補うように毎日新しい細胞が誕生しているともいわれ …

no image

細胞を操作する技術

Sponsered Link  現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。   …

no image

人の再生能力とは?

Sponsered Link  高度に進化したわれわれのような生命体では、単細胞生物や完全無欠のプラナリアのような身体の再生はできません。しかしまったく再生能力がないわけではありません。一生のうちまっ …

no image

どうやって再生するのか?

Sponsered Link  再生医療による治療のステップは、再生しようとする臓器を構成する細胞(群)を手に入れる、もしくはつくりだすことから始めます。目的の臓器が残っている場合は、その臓器から細胞 …

no image

傷の再生の仕組み

Sponsered Link  人の再生能力のところで傷の再生を例として取り上げてきました。一度傷ついた場所がもとどおりになっていくことは誰もが経験することで、決して特別ば出来事ではありません。しかし …