不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

細胞内小器官の発達

投稿日:07/14/2015 更新日:


Sponsered Link

 原核細胞と真核細胞を区別する特徴の1つに、細胞内器官が高度に発達していることが挙げられます。細胞内器官としては、細胞核、ミトコンドリア、葉緑体、小胞体などがあります。では、これらの細胞内器官はどのように発達してきたのでしょうか?

 

 このことを考えるにあたり、進化をたどることのできる生物を調べてみましょう。ウロコムシやフジツボの体表に付着する微生物には、原始真核生物や、原核生物から真核生物へと進化する途中段階のものが存在します。これらを調べると、「細胞に小胞があるが、小胞体様の膜系をもたないもの」、「小胞と小胞体様の膜系が存在するもの」、「小胞体、小胞体様とミトコンドリア、不完全な核膜をもつもの」が存在しています。

 

 このことから、真核生物への進化における初期段階は、小胞の分化から始まります。その後、ミトコンドリアをもつ段階に至っても不完全な核膜が確認されていますので、核膜の発生は、細胞内膜系のなかでもかなり後半であることがわかりました。

Sponcsered Link

 

 このことから次のような仮説が考えられます。タンパク質を取り込んだ小胞体の発達により情報やエネルギーの伝達が効率よくなり、細胞が大型化していくきっかけをつくりました。しかし、細胞が大型化していくと、現状のエネルギーの伝達では効率が悪くなり、より効率のよい仕組みを導入する必要性が生じました。そこで真核生物は、エネルギー効率のよりよい好気性細菌と共生する道を選び、現在のミトコンドリアが誕生しました。その後、細胞内器官はさらに発達し、遺伝情報が増大していったことから、その整理や保管を行うために核膜が形成されていきました。

 こうして、細胞内器官は発達していったのではないかと考えられています。

img_hightone04-2

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

遺伝子を操作する技術

Sponsered Link  今世紀のもっとも偉大な発見である万能細胞、iPS細胞が体細胞に数種類の遺伝子を導入することによって作製されることは、あまりにも有名な事実です。もちろんこのiPS細胞を作 …

no image

遺伝子が仕掛ける罠〜細胞分裂〜

Sponsered Link 私たちの体はいつも同じように見えますが、実は毎日多くの細胞が死んでおり、絶えず新しい細胞をつくらなければなりません。そしてそのために細胞が行っている作業が細胞分裂です。細 …

no image

クローンと万能細胞の関係

Sponsered Link  移植技術において常に問題となるのが、ドナーの提供と拒絶反応です。ここでは拒絶反応に焦点を当てることとします。    人間の体に他人の細胞・組織・臓器が入ると、 …

no image

傷の再生の仕組み

Sponsered Link  人の再生能力のところで傷の再生を例として取り上げてきました。一度傷ついた場所がもとどおりになっていくことは誰もが経験することで、決して特別ば出来事ではありません。しかし …

no image

細胞を操作する技術

Sponsered Link  現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。   …