不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

単細胞生物と多細胞生物の違い

投稿日:07/14/2015 更新日:


Sponsered Link

単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、ある意味においては進化速度が早いといえます、また性をもたないため、同じ個体の他と争うこともありません。

 

 このように単細胞生物は、その単純さゆえに理想的な生存方法を生み出し、その歴史は非常に長く続きました。最初の多細胞生物が誕生したのが約10億年前とされており、生物の誕生が約35億年前ですから、多細胞化には25億年近くを必要としたことになります。

tansaibou

 それでは、多細胞生物のように生きるメリットはなんでしょうか? 多細胞生物は、細胞が多く集まることで体が大きくなります。このことは、環境変化に対して抵抗力を高められるだけでなく、一部の細胞が損傷を受けても増殖によって細胞を新しく入れ替えることは可能です。さらに、動物界の食物連鎖で見られるように、体が大きければ他の生物に食べられる危険は少なくなります。

Sponcsered Link

 

 また、脳、肝臓、心臓など細胞が多く集まって各組織を形成することで、必要な役割を分担するようにしています。有性生殖では、生殖細胞が遺伝子を伝達する役割を持っていて、生殖細胞のみが次世代に引き継がれていきます。

 

 さらに、よりよく外部環境に適応し、効率よく生きるために体系を変えられます。たとえば、鳥は手の代わりに翼を手に入れたことで、空を自由に飛べるようになっています。

 

 すなわち、多細胞生物は環境変化に対応する能力や抵抗力が高く、細胞を専門化させ複雑な機能を獲得することにより、生存を有利にする戦略を取ってきたと考えられています。

mijinko
 このように生命の基本単位は細胞であり、植物動物を問わず基本単位がたった1つの単細胞生物、多くの細胞が協力し合う多細胞生物が存在します。そして多くの場合、多細胞生物の法が単細胞生物よりも生命の継続に有利だと考えられてきましたが、生物と無生物の境界のような構造物(ウイルスやプリオン)もあり、なかなか有利不利をいちがいに断定はできません。もしかしたら、より複雑な生命・多細胞化への進化はたんなる偶然であり、必然や理由など、なにもないのかもしれません。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

変わらない遺伝子、変わる細胞

Sponsered Link これまで細胞についていろいろお話してきました。受精卵は非対称性の細胞分裂を繰り返し、いろいろな役割をもった細胞を200種類以上つくりだします。その後、これらつくりだされた …

no image

4つの塩基が選ばれた理由

Sponsered Link  前節でお話ししたように、DNAは、4つの塩基であるA(アデニン)、T(チミン)、C(シトニン)、G(グアニン)からできています。このうちアデニンは、様々な物質の構成成分 …

no image

細胞を操作する技術

Sponsered Link  現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。   …

no image

受精卵とはなにか?〜その能力〜

Sponsered Link  これまで受精卵という言葉を使って説明してきましたが、受精卵にはいったいどのような能力が備わっているのでしょうか?古くは、受精卵の中に子孫の雛形(小さな人の形をしもの)が …

no image

細胞の仕組み〜エネルギー生産、タンパク質製造〜

Sponsered Link ■エネルギー生産  エネルギー生産における代謝には、生きるために必要なエネルギーを環境から取り入れることと、細胞を構築することの2つの目的があります。生物が環境から取り入 …