不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

単細胞生物と多細胞生物の違い

投稿日:07/14/2015 更新日:


Sponsered Link

単細胞生物は、体が1個の細胞からできていて、細胞分裂がそのまま個体の増加(人間でいうなら人口増加)につながります。このことから単細胞生物は、短時間での繁殖に有利であり、ある意味においては進化速度が早いといえます、また性をもたないため、同じ個体の他と争うこともありません。

 

 このように単細胞生物は、その単純さゆえに理想的な生存方法を生み出し、その歴史は非常に長く続きました。最初の多細胞生物が誕生したのが約10億年前とされており、生物の誕生が約35億年前ですから、多細胞化には25億年近くを必要としたことになります。

tansaibou

 それでは、多細胞生物のように生きるメリットはなんでしょうか? 多細胞生物は、細胞が多く集まることで体が大きくなります。このことは、環境変化に対して抵抗力を高められるだけでなく、一部の細胞が損傷を受けても増殖によって細胞を新しく入れ替えることは可能です。さらに、動物界の食物連鎖で見られるように、体が大きければ他の生物に食べられる危険は少なくなります。

Sponcsered Link

 

 また、脳、肝臓、心臓など細胞が多く集まって各組織を形成することで、必要な役割を分担するようにしています。有性生殖では、生殖細胞が遺伝子を伝達する役割を持っていて、生殖細胞のみが次世代に引き継がれていきます。

 

 さらに、よりよく外部環境に適応し、効率よく生きるために体系を変えられます。たとえば、鳥は手の代わりに翼を手に入れたことで、空を自由に飛べるようになっています。

 

 すなわち、多細胞生物は環境変化に対応する能力や抵抗力が高く、細胞を専門化させ複雑な機能を獲得することにより、生存を有利にする戦略を取ってきたと考えられています。

mijinko
 このように生命の基本単位は細胞であり、植物動物を問わず基本単位がたった1つの単細胞生物、多くの細胞が協力し合う多細胞生物が存在します。そして多くの場合、多細胞生物の法が単細胞生物よりも生命の継続に有利だと考えられてきましたが、生物と無生物の境界のような構造物(ウイルスやプリオン)もあり、なかなか有利不利をいちがいに断定はできません。もしかしたら、より複雑な生命・多細胞化への進化はたんなる偶然であり、必然や理由など、なにもないのかもしれません。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人工授精と再生医療

Sponsered Link  配偶子(卵子と精子)には問題がなく、卵管や精子数などそれ以外の原因で子供ができない夫婦のために、人工授精すなわち、体外受精と呼べれている技術が使われています。体外受精は …

no image

細胞の自己修復能力と生命の再生能力の違い

Sponsered Link  これまで、細胞の自己複製能力と再生能力についてお話してきました。ここでは、細胞の複製能力と、細胞の集合体である生命の再生能力の違いについてお話しましょう。   …

no image

人体は約60兆個もの細胞の集合体

Sponsered Link  ヒトの体は、約60兆個の細胞が集まってできています。ある試算では、これらの細胞のうち1日で約3000億個が死に、この数を補うように毎日新しい細胞が誕生しているともいわれ …

no image

不老不死は実現できるのか?

Sponsered Link  日本は世界一の長寿国といわれています。医療や公衆衛生などの環境の向上によって寿命は格段に上昇し、100歳を超えるヒトが増えてきたのも事実です。そして、3大死因と呼ばれる …

no image

無限(遺伝子)と有限(生命)の境界

Sponsered Link 生命とはなんでしょうか? 私たちが生命を感じるときはどんなときでしょうか?    みなさんが自分の心臓に手を置いたとき、血液の流れている音が聞こえてくると思いま …