不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

寄生虫ミトコンドリア

投稿日:07/14/2015 更新日:


Sponsered Link

 真核細胞には、ミトコンドリアと呼ばれる細胞内小器官が存在しています。このミトコンドリアは、細胞とは違う独自の増殖機能・遺伝機構をもっていますが、同じ細胞内なのになぜ独立した動きをするのでしょうか? まるで別の生物のようです。ミトコンドリアを光学顕微鏡で観察すると、細菌に非常によく似ています。このため「ミトコンドリアって細菌なの?」と思う人も多いのではないでしょうか?

 

 カリフォルニア大学で分子生物学の教鞭をとっていたアラン・ウィルソンは、このまるで別の生き物のような遺伝特性、すなわち、常にミトコンドリアは母親のもののみが子孫に性質を利用して人類の起源を探る研究を行い、なんと全地球上60億人はすべて共通のたった1人の女性(ミトコンドリア・イブ)から生まれたことを突き止めました。実際には固有の女性がイブなのではなく、時代とともにイブは変遷していくのですが、センセーショナルな報道だったので、多くの人がミトコンドリアの存在を知りました。

ap(写真:Wikipedia)

Sponcsered Link

 では実際にミトコンドリアは寄生虫で、進化の先に人類を含めた哺乳類が誕生する以前からわれわれの祖先の細胞と共生関係にあったのでしょうか? 35億年という生物の歴史の中で、地球上に酸素が存在し始めたときが、1つの危機的状況でした。それまで生きていた生物にとって、酸素は毒そのものだったのですから。このため生物が生き残っていくためには、体の中で酸素を消費し、細胞にエネルギーが供給していく仕組みが必要とされました。その仕組みをもっていた唯一の生物である好気性細菌は、酸素を無毒化できない生物に寄生し、共生関係をすることで共存していけるようになったのです。

 また、進化が進むにつれ好気性細菌がもつ遺伝子は、一部を除いて共生関係にある生物の遺伝子を支配下に置くようになりました。こうして、われわれ哺乳類に通じる現在の真核細胞が誕生したと考えられています。このことから、ミトコンドリアはもともと別の生物、好気性細菌だったという「細胞内共生説」がほぼ認められています。ちなみに、この細胞内共生説においては、ミトコンドリアだけでなく、葉緑体、核、鞭毛なども同様に考えられています。葉緑体はらん藻、核はマイコプラズマ、鞭毛はスピロヘータ(らせん細菌)だそうです。

b14

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

受精卵と分化〜非対称性細胞分裂〜

Sponsered Link  細胞分裂と聞くとみなさんはなにを思いだすでしょうか? ずっと以前に生物を習った方も、つい最近生物を学んだ方も、いま生物を学んでいる方も、細胞分裂とは細胞の核が2つになり …

no image

再生医療の定義〜再生させる医療と再生医療の違い〜

Sponsered Link  これまでは、細胞の基礎的な内容をお話ししてきました。そして再生医療と深く関わりのある幹細胞、ES細胞、iPS細胞などの基礎についても学んできました。それでここからは、再 …

no image

がん研究から生まれた万能細胞

Sponsered Link  万能細胞が発見される以前に、がん細胞に万能細胞があるかどうか検討されていました。そもそも哺乳類の受精卵が細胞分裂を繰り返したきわめて初期の段階である初期胚は、とても小さ …

no image

変わらない遺伝子、変わる細胞

Sponsered Link これまで細胞についていろいろお話してきました。受精卵は非対称性の細胞分裂を繰り返し、いろいろな役割をもった細胞を200種類以上つくりだします。その後、これらつくりだされた …

培養皮膚の仕組み

Sponsered Link 以前に『傷が治る(再生する)仕組み』をお話しました。その中で直径6cm以上の皮膚が毛穴ごと全部なくなってしまったらその傷は理論的にはふさがらない、再生されないと書きました …