不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

無限(遺伝子)と有限(生命)の境界

投稿日:07/12/2015 更新日:


Sponsered Link

生命とはなんでしょうか? 私たちが生命を感じるときはどんなときでしょうか?

 

 みなさんが自分の心臓に手を置いたとき、血液の流れている音が聞こえてくると思います。激しい運動をすると激しい音になり、絶えず環境に合わせて変化しているのを感じます。また、海岸で貝を拾ったとき、貝が動けば生命を感じることができますが、たんなる貝殻だけでは生命を感じることができません。このように生命とは、その動きが感じられるものなのです。そしてその動きの源(遺伝子)は後世に絶え間なく伝えられていくもので、動物・植物問わず、すべての生命に共通なのです。

image1-2

 生命系を構成している細胞の1つひとつには、この遺伝子の働きかけでそれぞれの場所にふさわしい形と働きをしています。では、生物から遺伝子を取り除くとどうなるでしょうか?

Sponcsered Link

 

 緑藻類に属する単細胞生物であるカサノリは、全体が傘の形をしていて、根元には1個の核(遺伝子が存在している場所)をもっています。いま、核を含む部分と含まない部分に分けるとします。そうすると核があるほうはそのまま生命活動を続けますが、核がないほうはやがて死んでしまいます。このように生命は、自己の遺伝子がなければ生きていくことができません。「生命」と「遺伝子」、お互いに切っても切れない関係にあるといえます。

image1-3

 遺伝子には大きく分けて2つの役割があります。1つは、遺伝子のもつ遺伝情報を発現し、タンパク質をつくる役割です。遺伝情報とは生命の設計図のことで、その設計図をもとに手がつくられたり、目がつくられたり、足がつくられたりします。そして手足を動かすエネルギーを食物からつくりだすのも、この設計図に従います。すなわち遺伝情報の発現とは、設計図の実行のことです。

 もう1つは、親のものを子に伝える役割です。このように遺伝子は生命にとって重要な役割を果たしており、生命を定義するたまに欠かせないものなのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

不老不死は実現できるのか?

Sponsered Link  日本は世界一の長寿国といわれています。医療や公衆衛生などの環境の向上によって寿命は格段に上昇し、100歳を超えるヒトが増えてきたのも事実です。そして、3大死因と呼ばれる …

no image

再生医療の歴史

Sponsered Link  私たちあh体が外傷などを負ったときに、傷を治す自己再生機能をもっています。このような自己再生機能は古くから知られており、古代インカでは、どの程度のケガならば身体は復活( …

no image

細胞と細胞の緻密な連絡〜伝達物質〜

Sponsered Link  生物は多細胞化の道をたどることによって、単細胞では決して得られない有利な生命継続の手段を手に入れました。その反面、内部に位置する細胞は、外部の環境と直接的なエネルギーの …

no image

細胞の自己修復能力と生命の再生能力の違い

Sponsered Link  これまで、細胞の自己複製能力と再生能力についてお話してきました。ここでは、細胞の複製能力と、細胞の集合体である生命の再生能力の違いについてお話しましょう。   …

no image

細胞を操作する技術

Sponsered Link  現在における生命科学の進歩は、さまざまな細胞を操作する技術を生み出しました。これらの基本技術を用いたいくつかの具体的な細胞操作例についてもお話しましょう。   …