不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

無限(遺伝子)と有限(生命)の境界

投稿日:07/12/2015 更新日:


Sponsered Link

生命とはなんでしょうか? 私たちが生命を感じるときはどんなときでしょうか?

 

 みなさんが自分の心臓に手を置いたとき、血液の流れている音が聞こえてくると思います。激しい運動をすると激しい音になり、絶えず環境に合わせて変化しているのを感じます。また、海岸で貝を拾ったとき、貝が動けば生命を感じることができますが、たんなる貝殻だけでは生命を感じることができません。このように生命とは、その動きが感じられるものなのです。そしてその動きの源(遺伝子)は後世に絶え間なく伝えられていくもので、動物・植物問わず、すべての生命に共通なのです。

image1-2

 生命系を構成している細胞の1つひとつには、この遺伝子の働きかけでそれぞれの場所にふさわしい形と働きをしています。では、生物から遺伝子を取り除くとどうなるでしょうか?

Sponcsered Link

 

 緑藻類に属する単細胞生物であるカサノリは、全体が傘の形をしていて、根元には1個の核(遺伝子が存在している場所)をもっています。いま、核を含む部分と含まない部分に分けるとします。そうすると核があるほうはそのまま生命活動を続けますが、核がないほうはやがて死んでしまいます。このように生命は、自己の遺伝子がなければ生きていくことができません。「生命」と「遺伝子」、お互いに切っても切れない関係にあるといえます。

image1-3

 遺伝子には大きく分けて2つの役割があります。1つは、遺伝子のもつ遺伝情報を発現し、タンパク質をつくる役割です。遺伝情報とは生命の設計図のことで、その設計図をもとに手がつくられたり、目がつくられたり、足がつくられたりします。そして手足を動かすエネルギーを食物からつくりだすのも、この設計図に従います。すなわち遺伝情報の発現とは、設計図の実行のことです。

 もう1つは、親のものを子に伝える役割です。このように遺伝子は生命にとって重要な役割を果たしており、生命を定義するたまに欠かせないものなのです。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

受精卵とはなにか?〜その能力〜

Sponsered Link  これまで受精卵という言葉を使って説明してきましたが、受精卵にはいったいどのような能力が備わっているのでしょうか?古くは、受精卵の中に子孫の雛形(小さな人の形をしもの)が …

no image

万能細胞で治る可能性のある病気

Sponsered Link  これまで病気の治療のためには、多くの患者から材料の提供を受けて原因を究明し、治験を通して治療薬の開発を進めてきました。ただ、患者数の非常に少ない難病やアルツハイマー病な …

no image

そして細胞の集合体・高等生物へ

Sponsered Link  多細胞生物を構成する細胞は、たとえばバラバラにしても常に集合しようとする性質があり、もとの多細胞化に戻ろうとします。これは、多細胞生物における細胞表面に接着物質や接着装 …

no image

ES細胞(胚性幹細胞)とiPS細胞の違いは?

Sponsered Link  最近よく話題になっているものにiPS細胞(人工多能性幹細胞)があります。みなさんもテレビや新聞、雑誌などで一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。 &nbsp …

no image

ウイルスと細胞との決定的違い

Sponsered Link  みなさん、テレビや新聞のニュースで、「インフルエンザ」という言葉をよく目にしたり耳にしたりしていると思います。このインフルエンザこそウイルスなのです。では、ウイルスは細 …