Sponsered Link

私たちの体はいつも同じように見えますが、実は毎日多くの細胞が死んでおり、絶えず新しい細胞をつくらなければなりません。そしてそのために細胞が行っている作業が細胞分裂です。細胞分裂とは、その名の通り「細胞が分裂する」、すなわち「1個の細胞が分かれて新しい2個の細胞になる」過程のことです。

 

 細胞分裂には、体細胞分裂減数分裂の2種類あります。皮膚、骨、内臓など体を構成する各部分の細胞を体細胞といいますが、この体細胞の分裂を体細胞分裂と呼んでいます。一方、卵巣や精巣といった生殖細胞の分裂を減数分裂えお呼んでいます。同じ細胞分裂でも目的が異なるために、異なる分裂を行います。体細胞分裂は生命としての細胞を守るために行う分裂、減数分裂は遺伝子そのものが死なない、(絶滅しない)ために行う分裂です。したがってまったく同じ細胞分裂でも、まったく様相が違ってきます。  

細胞周期におけるDNA量の変化.svg

Sponcsered Link

 遺伝子をつないでいく減数分裂に関しては別の記事(究極の目標・生殖細胞の創造はなにを意味するのか?)で詳しく説明するとして、ここでは体細胞分裂について書いていきたいと思います。

 

 やい細胞分裂にはいくつかのステップ(段階)があります。そして最初の分裂から次の分裂までを細胞周期といいますが、この細胞周期を動かすために、実に様々な遺伝子が働きかけています。遺伝子が細胞を分裂する指示をだすと、46本(23対)ある染色体がそれぞれコピーされて体細胞2個分の染色体になり、細胞分裂が始まります。細胞分裂の時期は4つに分かれ、前期、中期、後期、終期と呼ばれています。

 

  • 前期:染色体が移動し、細胞が赤道面に沿って並ぶまで
  • 中期:染色体が、細胞の赤道面に沿って並んでいる期間
  • 後期:分裂した染色体が、ゆっくり両極へと移動
  • 終期:すべての染色体が極に到達。細胞質が分裂して2つの細胞になる

 このように、遺伝子の働きかけで染色体を細胞内で2つに分け、細胞を分裂せざるをえない状態にもっていきます。細胞分裂はまさに「遺伝子が仕掛けた罠」、遺伝子によってコントロールされているといっても過言ではありません。

Sponcered Link