不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

iPS細胞について 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞

遺伝子が仕掛ける罠〜細胞分裂〜

投稿日:07/21/2015 更新日:


Sponsered Link

私たちの体はいつも同じように見えますが、実は毎日多くの細胞が死んでおり、絶えず新しい細胞をつくらなければなりません。そしてそのために細胞が行っている作業が細胞分裂です。細胞分裂とは、その名の通り「細胞が分裂する」、すなわち「1個の細胞が分かれて新しい2個の細胞になる」過程のことです。

 

 細胞分裂には、体細胞分裂減数分裂の2種類あります。皮膚、骨、内臓など体を構成する各部分の細胞を体細胞といいますが、この体細胞の分裂を体細胞分裂と呼んでいます。一方、卵巣や精巣といった生殖細胞の分裂を減数分裂えお呼んでいます。同じ細胞分裂でも目的が異なるために、異なる分裂を行います。体細胞分裂は生命としての細胞を守るために行う分裂、減数分裂は遺伝子そのものが死なない、(絶滅しない)ために行う分裂です。したがってまったく同じ細胞分裂でも、まったく様相が違ってきます。  

細胞周期におけるDNA量の変化.svg

Sponcsered Link

 遺伝子をつないでいく減数分裂に関しては別の記事(究極の目標・生殖細胞の創造はなにを意味するのか?)で詳しく説明するとして、ここでは体細胞分裂について書いていきたいと思います。

 

 やい細胞分裂にはいくつかのステップ(段階)があります。そして最初の分裂から次の分裂までを細胞周期といいますが、この細胞周期を動かすために、実に様々な遺伝子が働きかけています。遺伝子が細胞を分裂する指示をだすと、46本(23対)ある染色体がそれぞれコピーされて体細胞2個分の染色体になり、細胞分裂が始まります。細胞分裂の時期は4つに分かれ、前期、中期、後期、終期と呼ばれています。

 

  • 前期:染色体が移動し、細胞が赤道面に沿って並ぶまで
  • 中期:染色体が、細胞の赤道面に沿って並んでいる期間
  • 後期:分裂した染色体が、ゆっくり両極へと移動
  • 終期:すべての染色体が極に到達。細胞質が分裂して2つの細胞になる

 このように、遺伝子の働きかけで染色体を細胞内で2つに分け、細胞を分裂せざるをえない状態にもっていきます。細胞分裂はまさに「遺伝子が仕掛けた罠」、遺伝子によってコントロールされているといっても過言ではありません。

Sponcered Link

-iPS細胞について, 生命の基本単位である遺伝子と容器としての細胞
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

人体を構成する細胞の種類

Sponsered Link  私たちの体が約60兆個の細胞からできていることからも予想できるように、非常に多くの種類(200種類以上) の細胞が存在しています。そして、それぞれの細胞が独自の構造と機 …

no image

現在行われている再生医療とは?

Sponsered Link  これまでお話ししてきたように、万能細胞のヒト胚性幹細胞(ES細胞)や人工多機能生幹細胞(iPS細胞)を実際の再生医療に用いることができれば、さまざまな組織、臓器の修復・ …

no image

万能細胞で夢の新薬は開発されるのか?

Sponsered Link  「夢の新薬」。人それぞれの考えがあるかもしれませんが、私は世界に数えるほどしか患者がいない難病に対する薬を夢の新薬だと考えています。がんに対する治療薬でさえいまだ十分効 …

no image

どうやって再生するのか?

Sponsered Link  再生医療による治療のステップは、再生しようとする臓器を構成する細胞(群)を手に入れる、もしくはつくりだすことから始めます。目的の臓器が残っている場合は、その臓器から細胞 …

no image

そして細胞の集合体・高等生物へ

Sponsered Link  多細胞生物を構成する細胞は、たとえばバラバラにしても常に集合しようとする性質があり、もとの多細胞化に戻ろうとします。これは、多細胞生物における細胞表面に接着物質や接着装 …