Sponsered Link

実現した個人のゲノム解析

 

これまでにご紹介したゲノム解析は、ヒトとして共通のゲノムの構造や特徴を明らかにするのが目的でした。ゲノムにはさまざまなDNA多型が含まれますが、これらは個人差でヒトとしての特徴ではないというイメージです。最近になって、ゲノム解析技術の進歩により、特定の個人についてゲノム全体の解析が可能になりました。もちろん、簡単な臨床検査のレベルではなく、大きな労力やコストがかかりますが、高名な学者や芸術家、政治家などのゲノムの特徴を調べることが可能になったのです。たとえば米国のスタンフォード大学では、5万ドルで個人のゲノム解析を引き受けているというのです。生存中の個人なら解析は可能ですが、すでに亡くなっている人については、凍結された状態で遺体の一部が残っていないと不可能です。いずれにせよ、ノーベル賞受賞者のゲノムの特徴などは、知りたいですね。一般の人々についても、心臓発作、さまざまな種類の“がん”、脳出血などのリスクがわかれば、予防につながる情報になりますが、かなり安くならないと普及は難しいです。

Sponcsered Link