不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

「 月別アーカイブ:2015年09月 」 一覧

親から子に伝わるゲノム・遺伝子

卵子と精子から伝わるゲノム  母がつくった卵子(染色体数23)に、父の精子(同23)が合体(受精)することで、染色体数46の受精卵ができます。それが細胞分裂を繰り返すことで細胞数が増え、さらにさまざま …

親と子はどこまで似るか

2015/09/29   -遺伝とはなにか
 , ,

身長とプロポーションは遺伝で決まる  父親と息子を比べても、母親と娘を比べても、子のほうが親より背が高く、特にプロポーションはまったく違うというのが多くの方のイメージではないでしょうか。たしかにそのよ …

手に入れたもの、失ったもの

 科学の発展にともなって私たち人類は多くのものを手に入れてきました。医学の分野では万能細胞(胚性幹細胞:ES細胞、人工多能性幹細胞:iPS細胞)を操り、髪の領域に足を踏み入れることも可能になったといっ …

究極の目標・生殖細胞の創造はなにを意味するのか?

 もともと、雌雄のある生物にとって生殖は、種の永遠性と多様性を確保するためのもの、もっとも有効かつ根源的なシステムです。そのため受精卵が分割して私たちの体になるのとは、まったく別のシステムで生殖細胞は …

再生医療はどうやって発展していくのか?

 がんにおかされた臓器や、古くなった体のパーツは丸ごと取り換えるという非常にドラマチックなことも理論的には可能な再生医療。しかし現実的には、文部科学省が平成21年に策定した「iPS細胞研究ロードマップ …