不思議Labo

遺伝子ってなに?iPS細胞ってなに?

「 月別アーカイブ:2015年09月 」 一覧

多くの遺伝子がかかわる病気

多因子遺伝とは?    ここまでは、1つの遺伝子の変化があれば病気、なければ健康という、すっきりした遺伝でした。対立遺伝子は1個(優性や伴性)か、2個(劣性)がかかわっています。ところで5種 …

1つの遺伝子で決まる性質や病気

劣性遺伝と優性遺伝    遺伝子は父と母から受け継いだものが対になっています。それぞれが対立遺伝子です。対の両方が揃った場合にかぎって表に出るのが劣性遺伝です。ABO式血液型でいえばO型です …

心と遺伝子〜子の性格はどこまで親に似るのか〜

子どもと無限の可能性    世の中には、心と精神の問題に遺伝や遺伝子がかかわっていることを、認めたくない人がいるようです。学校の先生のうちにも、“遺伝子の影響など絶対にない”と主張する方がい …

親にない性質が子に見つかる?〜優性遺伝と劣性遺伝〜

劣性の形質は隠れている    遺伝病の有無や血液など、遺伝的に個人差のある性質を、形質と呼びます。遺伝子で決まる性質、ということです。劣性とは、ある形質を決定する対立遺伝子が対にならないと、 …

兄弟姉妹が違うのはなぜか

2015/09/29   -遺伝とはなにか
 ,

世代を越える染色体の流れ    子供には父と母から精子や卵子の形でゲノムが伝わることは、すでに説明しました。たとえば、父の染色体を見ると、祖母からの23本と祖父からの23本が遂になっています。     …