Sponsered Link

「母乳で育てたいけど、どうしても出ない」

「体の具合が悪くて、授乳が負担になる」

 このような場合は、粉ミルクで育てることになります。母乳で育てられないのは確かに残念ですが、悲観することはありません。現在市販されている粉ミルクは、赤ちゃんの発育に合わせて成分が調整され、栄養面でも優れたものが豊富に出回っています。

 

 人工栄養に使われる粉ミルク(調製粉乳)は、1979年の厚生省令によって「牛乳を加工し、これに乳幼児に必要な栄養素を添加して、粉末状にしたもの」という定義、成分規格が定められました。その成分規則に従った粉ミルクが、乳業メーカー各社から製造・販売されています。

 

 粉ミルクには次のような種類があります。

 

育児用粉ミルク

 

 人工栄養として大部分の赤ちゃんに使われている、最も一般的な粉ミルクです。栄養素の成分組成を母乳に近づけるため、商品開発の段階で主に次のような調整が施されています。

 

①核酸(ヌクレオチド)

 赤ちゃんにとって五大栄養素と並ぶ必須栄養素といわれ、発育・成長健康増進に欠かせないヌクレオチド(塩基・糖・リン酸から構成される核酸の基本単位)を配合。

 母乳には、シチジル酸、ウリジル酸、アデニル酸、グアニル酸、イノシン酸という5種類のヌクレオチドが含まれています。ヌクレオチドの濃度(総量)は授乳期間によって異なりますが、ヌクレオチドの中で最も含有量が多いのはグアニル酸であることがわかっている。

 粉ミルクのヌクレオチドは、母乳に含まれる比率に合わせて配合され、含有量も母乳の平均レベルと同じになっている。

 

②タンパク質(アミノ酸)

 母乳に多く、消化吸収に優れたラクトアルブミンを牛乳に含まれるカゼインの一部と入れ替えて母乳並みの比率に近づけ、ソフトカード化(カードとはタンパク質の凝固物のこと母乳に近い柔らかいカードを作り出すことで短時間で簡単に消化吸収できる)を実現している。

 また、脳や網膜(目の組織)の発達を促進するタウリン、赤ちゃんにとって必須アミノ酸であるアルギニンを強化してる。

 

③糖質

 細菌感染を防ぎ、便の状態を良くする腸内のビフィズス菌の繁殖を促すオリゴ糖を配合して、糖質組成を母乳に近づけている。

 

④脂質

 脳や網膜の発達に欠かせないDHA(ドコサヘキサエン酸)を配合している。

 脂質の消化吸収を高めるために脂肪酸組成を改良し、必須脂肪酸(nー6系およびn−3系不飽和脂肪酸)を増やして、飽和脂肪酸の比率を下げています。

 nー6系(γ-リノレン酸、リノール酸)とn−3系(α-リノレン酸)の脂肪酸バランスを母乳と同レベルの比率に調整している。

 

⑤ビタミン、ミネラル

 ビタミンC、β-カロチン(ビタミンAの前駆物質)を母乳並みに配合し、不足が心配されるビタミンKを初乳レベルに強化している。

 乳児の未熟な腎臓に負担をかけないように、生理代謝に応じてミネラルのバランスを調整し、カルシウムとリンの比率やナトリウムとカリウムの比率などを母乳レベルに近づけている。

 

フォローアップミルク

 

 離乳期の後半、つまり、満9ヶ月以降の赤ちゃんに飲ませることを目的として開発された粉ミルクです。

 

 離乳期に入ると、母乳から核酸を摂取できなくなるため、免疫機能が低下し、細菌やウイルスに感染する可能性が高くなることが懸念されています。その一方で、乳汁以外のさまざまな食品を摂取するようになることから、病原菌や異物と接触する機会が増えます。

 

 こうした理由から、離乳期は免疫賦活作用や感染予防作用をはじめとするさまざまな作用が認められているヌクレオチドを摂取するのが望ましいと考えられており、そのニーズに応じてフォローアップミルクにも母乳の比率と含有量に合わせた、母乳の平均レベルと同等のヌクレオチドが配合されています。さらに、離乳期後半になると体内の貯蔵鉄が不足してくるため、鉄分とその吸収を促すビタミンCが増強されています。

 

 その他、消化吸収の高い良質のタンパク質をバランス良く配合し、オリゴ糖やカルシウム、β-カロチンなども牛乳より多く含まれています。さらに、必須栄養素をバランスよく含みながら、肥満を防ぐために飽和脂肪酸は抑えられています。栄養面で非常に優れているので、幼児期(3歳頃)まで牛乳の代わりに飲み続けることができます。

 

牛乳アレルギー疾患用粉ミルク

 

 普通の粉ミルクや牛乳でアレルギー症状を起こす赤ちゃんや、乳糖不耐症、ガラクトース血症の赤ちゃんのために開発された粉ミルク。

 

 アレルゲン性の成分(卵成分、コーン油、大豆油などの植物油)や乳糖を一切配合せず、発育に必要な栄養素(ヌクレオチド、タンパク質、乳糖以外の乳質、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラル)をバランス良く含んでいます。

 

低出生体重児用粉ミルク

 

 低出生体重児の発育管理を行う目的で開発された、病院用の粉ミルク。

 

先天性代謝異常症治療用粉ミルク(特殊粉乳)

 

 食べ物を正常に分解・代謝するための酵素の活性が先天的に低い赤ちゃんのために開発された治療用粉ミルク。こちらも病院で扱われるもので、市販はされていない。

 

粉ミルクを選ぶ際のポイント

 

 現在、いろいろなメーカーから粉ミルクが販売されており、国が定めた基準やWHOの推奨値に従って成分規格が決まっています。ですから、種類(育児用粉ミルク、フォローアップミルクなど)が同じであれば、メーカーが違ってもそれほど大きな違いはありません。では、はじめて粉ミルクを購入する際は、どこにポイントをおいて選べばいいのでしょうか。まず真っ先に確認して欲しいのが、核酸が配合されているかどうかです。

 

 日本では1995年から核酸入り粉ミルクの製造・販売がスタートし、現在までに市販されている商品のいくつかにヌクレオチドが配合されています。しかし、中には核酸入り粉ミルクを製造していないメーカーもあります。間違って核酸が入っていないものを選んでしまう可能性もあるので気をつけましょう。

 

 ですから、買うときにはまずパッケージの表示を見てみましょう。核酸が配合されていれば必ず「核酸関連物質配合」とか「ヌクレオチド配合」などと明記されているはずです。

 

 そのほかにも、パッケージには商品の特徴が記載されています。読み比べてみると、メーカーごとの特色やおすすめするポイントが違うはずです。どれが赤ちゃんの体格や体質に最もふさわしいと思うか、書かれている情報をじっくりと読んで検討し、1つに決めることをおすすめします。

 

 なお、アレルギーが心配される赤ちゃんや、家族にアレルギー疾患の人がいる場合は、必ず医師に相談してください。核酸はアレルギーの改善に効果がありますが、使い始めにアレルギー症状が一時的に悪くなる場合もあります。通常は、一時的なもので、その後アレルギー体質の改善が行われます。

 

 使用する粉ミルクが決まり、飲ませてみてなにも問題がなければ、授乳が終わるまでその銘柄のものを使い続けてください。粉ミルクはどれも内容的にそれほど違いはないと言っても、メーカーごとに味や配合が若干異なっています。途中でコロコロと銘柄を変えてしまうと、赤ちゃんが味の違いに反応して飲まなくなったり、便の状態が変わってしまうこともあるので注意してください。

 

授乳中のお母さんも核酸食品を摂るのが肝心

 

 最後に、母乳を与えるお母さんの食生活についても言及していきます。

 

 妊娠中に引き続き、授乳中も栄養バランスのとれた食事を心がけることが極めて重要です。食生活できちんと栄養を摂らないと、産後の回復も遅れますし、体調が崩れれば当然母乳の分泌にも影響が出てきます。母乳はお母さんの体内に蓄えられている栄養素を利用して、優先的に作られます。なので、授乳期の食生活の乱れが直に母乳に影響するとは思えませんが、いつまでのその状態が続けばやはり影響が出てきます。

 

 かといって、育児に忙しく動き回ってお腹が空き、やたらと食べ過ぎてしまうのも問題です。実際のところ、そうした体調管理がうまくいかなくて悩んでいるお母さんも多いのではないでしょうか。

 

 そんなお母さんにこそ最も必要なのが、核酸です。新陳代謝を活発にし、血行を促進する核酸は、授乳期のお母さんの健康を維持し、体力の増進に役立ちます。なた、糖の吸収を遅らせる作用もありますから、食べ過ぎによる体重オーバーを防いだり、産後太りの解消にも役立つでしょう。もちろん、食事から摂った核酸は母乳の中にたっぷり凝縮され、赤ちゃんの貴重な栄養源となります。

 

 しかし、授乳期はふだんの食事だけで母乳分泌を支えるために必要な核酸を十分補うことはできないので、市販の核酸食品(サケ白子エキス、ビール酵母エキス配合)を利用するといいでしょう。

 

 核酸食品は医薬品ではないので、1日にどれだけ摂らなければならないという制限はありません、あくまでも食事のひとつとして摂取すべき性質のものです。核酸は消化吸収がよく、速やかに体内に循環されるため、何回かに分けて摂取したほうがより効率的です。しかも、空腹時によるよりほかの食事と一緒に摂ったほうが消化・吸収がスムーズにいきます。

 

 


子育て, 核酸


DHAとの相乗効果

 

 ここ数年、「魚を食べると頭が良くなる」「青魚にはボケを予防する効果がある」都言われているのをご存知でしょうか。その理由は、青魚に豊富なDHA(ドコサヘキサエン酸)という不飽和脂肪酸にあります。DHAは脳、神経、網膜などの細胞膜に多く含まれており、これらの組織の機能に深く関わっています。

 

 脳の神経細胞には軸索と呼ばれる突起があり、その先端にはシプナスといって神経細胞同士を連結する部分があります。このシプナスから神経伝達物質が放出されることで脳に情報を与える神経回路が構築され、記憶が成立するしくみになっています。

 

 DHAには、神経伝達物質を受け取る受容体(レセプター)の働きを活性化する作用があるため、頭を良くする油として脚光を浴びているわけです。

 

 母乳にはこのDHAをはじめ、リノール酸、リノレン酸、γ-リノレン酸などの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。これに対して、牛乳を原料とした粉ミルクは動物性の不飽和脂肪酸が多く、γ-リノレン酸やDHAは含まれていません。そこで近年、乳児期の脳の発育スピードを考慮し、「頭のいい子に成長する」をうたい文句にした、DHA配合の粉ミルク(核酸無添加)が製造・販売されるようになりました。

 

 ところが、核酸が十分に存在しないと脂肪代謝が妨げられ、DHA、EPA(エイコサペンタエン酸)、リノール酸、リノレン酸などの不飽和脂肪酸が少なくなってしまうことが、母乳と粉ミルクとの比較研究から導きだされています。

 

 そこで、核酸が脂質の代謝を司る酵素の働きを高めているという事実に着目し、核酸と脳の発育との因果関係を調べる大変興味深い動物実験が乳業メーカーによって行われました。2グループのマウスを用意し、一方には核酸を混ぜた餌を、もう一方には無添加の餌を与えて飼育し、数週間後に迷路試験を行いました。迷路試験とは、ある場所に餌を置き、そこにたどり着くまでの所要時間を計るといったものです。

 

 もし核酸の効果が現れて、脳の機能が向上していれば、何回か試していく内に餌の場所を記憶して、所要時間が短くなってくるはずです。

 

 さて、結果はどうだったかというと、1回目は両グループともに80〜90秒の時間を要し、差は見られませんでした。ところが、2回目になると核酸を与えたグループの所要時間が一気に約40数秒まで早まり、両者の間にははっきりと差が現れました。そして3回目ともなると、核酸を与えたグループが約20秒で餌にたどり着いたのに対し、無添加のグループは約50秒を要しました。核酸を与えた方のグループはなんと所要時間が4分の1に短縮されていたのです。

Sponcsered Link

 

 さらに、核酸の投与によって脂質代謝が促進され、リノール酸やリノレン酸、リン脂質などほかの不飽和脂肪酸も確実に増加することを確認しています。この傾向は、血液中のコレステロール値を正常に保ち、動脈硬化を中心とした循環器系の病気(心筋梗塞、脳卒中、糖尿病など)を防ぐことにもつながります。

 

脳細胞を成長させるRNAを増やす

 

 脳の発育促進に直接関与しているRNA(リボ核酸)が減少すると、ボケが発症するという説があります。人間は胎児の状態の時から核酸が盛んに合成されますが、生まれて成長するに従い、脳の中ではDNA(デオキシリボ核酸)が合成されなくなり、RNAだけが少しづつ増えていきます。つまり脳には、体内のあらゆる器官の中で最もRNAが多く存在しているのです。

 

 脳の神経細胞において、RNAは記憶の保存に使われると同時に保存した記憶を取り戻す、すなわち「思い出す」ことにも深く関わっているとされています。RNAが神経細胞から伸びている樹状突起や軸索突起を成長させ、記憶の回路を増やしていることが、多くの研究を通して明らかになりました。RNAは核酸そのものであり、核酸が神経成長因子として働いているとの研究も数多く見られています。

 

 RNAはタンパク質の合成を終えると酵素によって分解されるため、脳内では盛んにRNAの合成が行われています。しかし、老化に伴って核酸の合成能力が低下すると、脳の機能維持に必要なだけのタンパク質が供給できなくなって、神経細胞の壊死が進みます。年をとると一般に物忘れが激しくなってくるのは、核酸不足による記憶・学習能力の低下が原因の一つと考えられているのです。

 

 したがって、赤ちゃんの脳の発育に欠かせないのはもちろん、ボケ対策の一環として、痴呆症を予防するためにも食事から積極的に核酸を補いたいものです。ちなみに、痴呆症はアルツハイマー型痴呆症と脳血管性痴呆症に大別され、両者が混合したタイプも多く見受けられます。前者は遺伝子の損傷が引き金となって脳細胞の急激な死滅、萎縮が起こり、後者は主に脳血栓など脳の血流障害が原因で発症します。

 

 核酸には遺伝子の損傷を引き起こす活性酸素を強力に抑える効果と、血行を促進して血管の状態を正常に保つ効果があります。つまり、どんなタイプの痴呆症にも、あらゆる角度からアプローチして予防・改善に導く心強い味方といえるでしょう。


子育て, 核酸


腸管免疫を活性化

 

 腸の上皮組織には、絨毛と呼ばれる無数の突起があります。絨毛は胃や腸で消化した栄養を体内に吸収させる役割があると同時に、病原菌などの異物(抗原)の侵入を防ぐ働きもしています。

 

 小腸はとりわけ活発に新陳代謝を行う部分で、毎日約30gの細胞が死滅しています。そこで、新しい細胞を作り出すためにより多くの核酸が必要になるわけです。

 

 ところが核酸不足に陥ってしまうと、当然新陳代謝が行われにくくなって絨毛の発育にも影響を及ぼすようになってきます。まるで使い古した歯ブラシのように、絨毛と絨毛の間が広くなって、絨毛の高さも低くなります。体内に侵入してきた異物は、この間隔をぬって腸管から吸収され、血液の流れにのって各臓器へと運ばれてしまうのです。

 

 こうした現象がアレルギー疾患をはじめ多くの病気の発症に関係していると考えられるようになり、「腸管免疫」という領域が新たに注目されるようになりました。絨毛の発育が悪くなるとバイエル板(免疫細胞が多く存在するリンパ組織)も少なくなり、異物の腸管からの吸収が増えるわけですが、核酸がそれを抑える重要な役割を担っているのです。

 

 ちなみに、核酸入り粉ミルクを販売しているメーカーの研究で、20匹のマウスを2グループに分け、片方のグループだけに5種類の核酸成分(ヌクレオチド)を添加した餌を与え続けて(もう一方には無核酸食)、2週間後に腸の状態を比較した結果、核酸を与えたグループの絨毛の高さが25%高いことが確認されています。

 

腸内のビフィズス菌を増やす

 

 腸内には100兆個以上もの細菌が住み着いていて、ビフィズス菌などの善玉菌と大腸菌、ブドウ球菌などの悪玉菌とに分けられます。

 

 健康を維持するためには善玉菌が常に優勢であることが重要とされ、特に生まれたての赤ちゃんの場合は90%以上がビフィズス菌でないと発育が妨げられ、病気にかかりやすくなるとされています。なぜなら悪玉菌は、腸管内に病気の原因となる腐敗物質を作り、発育障害や臓器障害、自己免疫疾患、消化不良や下痢、便秘などさまざまな病気を引き起こすからです。

 

 母乳で多く含まれる乳頭(オリゴ糖)はビフィズス菌の栄養源となり、その増殖を促します。また、同じく母乳に多いラクトフェリン(タンパク質の一種)は腸内でミネラルと結合することで悪玉菌の繁殖を抑制します。

 

 核酸にもビフィズス菌を増やし、悪玉菌の繁殖を抑える作用があることがわかり、乳業メーカー各社では実際に核酸の有無が腸内環境にどのような影響をもたらすかという研究を行いました。

 

 たとえば、母乳で育った赤ちゃんと核酸入り粉ミルクで育った赤ちゃんと従来の粉ミルクで育った赤ちゃんの3グループから生後1週間および30日目の便を測定し、含まれる菌の数を比較するという実験を試みました。

 

 その結果、母乳及び核酸入り粉ミルクのグループはビフィズス菌の割合が有意に高く、逆に従来の粉ミルクんグループには悪玉菌が増加する傾向が見られました。さらに、ビフィズス菌が増えたことで、カルシウムや鉄といったミネラルの吸収率が高まり、骨が丈夫になるという二次的な効果が期待できることが明らかになりました。

 

 なお、この類の実験は他にも行われていますが、やはり同様の結果が得られています。国内で核酸入り粉ミルクが普及して以来、各乳業メーカーには「下痢が少なくなった」「ミルクを吐かなくなった」という声が数多く寄せられているそうです。ヨーロッパでも6000人規模の疫学調査が行われ、核酸入り粉ミルクで育てた赤ちゃんに下痢が少なかったという結果が報告されています。


子育て, 核酸


核酸がIgE抗体の産生を抑える

 

 この20年ほどの間で患者数が激増したアトピー性皮膚炎や花粉症。これらの病気には、血液中のIgEと呼ばれる抗体が増えるという共通の特徴があります。病原菌などの異物(抗原)が外から侵入してきたとき、ごく短時間で症状が現れるタイプのアレルギー疾患を一般に「I型アレルギー」と呼んでいますが、アトピーや花粉症をはじめ、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそくなどはいずれもI型アレルギーの代表的なものです。

 

 このIgE抗体は、痛みやかゆみ、湿疹などの原因であるヒスタミンやロイコトリエンといった神経伝達物質の産生に深く関与しているため、アレルギー疾患特有の症状が現れるようになります。

 IgE抗体は、外から異物が侵入してきたときにB細胞で産生されるもので、その産生はTh1とTh2のバランスがTh2優位になったときに増え、アレルギーになります。

 

 こうしたI型アレルギーに対して、核酸はどのように作用するのでしょうか。

 

 かつて乳業メーカーでは、核酸の抗アレルギー作用を調べる目的でマウスを使った実験を行いました。マウスに母乳とほぼ同じ組成の核酸(ヌクレオチド)を添加した飼料を経口摂取させるグループと、無添加の飼料を摂取させるグループに分けて、数週間後に血液中のIgE抗体を調べた結果、核酸入りの餌を食べたグループの方が格段にIgE抗体が低下していたことが確認されました。同様の結果は、九州大学医学部と遺伝子栄養学研修所によっても報告されています。その理由はすでに述べたように、核酸にはTh1・Th2のバランスをTh1にシフトさせる作用があるからです。


子育て, 核酸


免疫力の低下が病気の原因

 

 母乳で育った赤ちゃんと粉ミルクで育った赤ちゃんを比較すると、どういうわけか病気に対する抵抗力やアレルギーなどの体質にはっきりと差が見られることが明らかになりますた。

 

 なぜ粉ミルクで育った赤ちゃんは免疫機能に障害が起こりやすいのか、という問題を追及していくうちに解明されたのが、「母乳に多く含まれている核酸を摂取することで免疫機能が正常化し、病気やアレルギーを防ぐことができる」という事実です。

 

 そもそも免疫とはどのようなものなのでしょうか。免疫とは読んで児のごとく「疫から免れる身体のしくみ」のことです。外から侵入してきた病原菌やウイルス、またはガンなどの異常細胞を異物とみなし、自己組織にはないもの、すなわち非自己として認識して排除するというのが、免疫機能の基本的なメガニズムです。

 

 こうした免疫機能の役割を担っているのが、主に白血球に存在するリンパ球や顆粒球、マクロファージなどであり、とりわけ大きな役割を果たしているのがリンパ球です。

 

 免疫は「体液性免疫」と「細胞性免疫」の2つの大別されます。

 

 体液性免疫は、リンパ球のB細胞による抗原抗体反応と呼ばれるものです。非自己である抗原に反応して細胞の表面に抗体を作り、その働きを封じ込めます。

 細胞性免疫は、同じくリンパ球のT細胞による免疫反応です。T細胞は病原菌やウイルスに感染した細胞やガン化した細胞を直接殺したり、ほかの免疫細胞を調節する役割も果たしています。たとえば、一度にたくさんの抗体を作る必要が生じたときにはヘルパーT細胞がB細胞の増殖を促し、外敵を撃退した後はサプレッサーT細胞がB細胞の増殖を抑えます。つまり、ヘルパーT細胞とサプレッサーT細胞という2つのT細胞がB細胞の抗原抗体反応をコントロールしているわけです。

 

 ヘルパーT細胞は作用の違いによって1型(Th1細胞)・細胞性免疫と2型(Th2細胞)・体液性免疫に大別され、Th1細胞からはインターフェロン・ガンマ(IFN-γ)とインターロイキン2(IL2)、Th2細胞からはインターロイキン4(IL4)という、それぞれ異なった生理活性物質を生産しています。

 

 この2つの細胞は、片方が優位になればもう片方は劣位になるという具合に、拮抗し合う性質があります。一般に言われるアレルギーは、Th2細胞が優位になり双方のバランスが崩れた結果、起こることがわかっています。

 

核酸による免疫増強作用

 

 核酸は主に次の働きで免疫機能を正常化させます。

 

①免疫の主役の1つであるナチュラルキラー(NK)細胞の働きを活性化する

②インターフェロン・ガンマとインターロイキン2などの生理活性物質の生産を促進し、Th1優位にする(アレルギー疾患の予防・改善)

③インターロイキン4の生産を抑制する(アレルギー疾患の予防・改善)

④腸管免疫、絨毛の発育を向上させることによって、病原菌の体内への侵入を腸管内で未然に防ぐ

⑤善玉菌を増やす

 

このうち、③④⑤についてはこちら。

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜アレルギー疾患の予防・改善〜

赤ちゃんに必要な核酸の生理効果 〜絨毛の発育促進と腸内環境〜

 

 ①のNK細胞とはリンパ球の一種で、ガン化・腫瘍化した細胞や、ウイルス感染を受けた異常細胞を攻撃・破壊する、まさに「殺し屋」。他のリンパ球による細胞破壊は、抗原が侵入して実際に機能が発揮されるまでに時間がかかりますが、NK細胞の作用はそうした制限が一切ありません。敵を見つけたら瞬時に殺しにかかり、しかも周囲の正常細胞を傷つけることなく作用します。

 

 つまり、NK細胞の活性が低いと病気に対する抵抗力が著しく弱まることになるわけです。そこで、メーカー各社が核酸成分を配合した粉ミルクを赤ちゃんに飲ませる実験を行ったところ、NK細胞の活性が優位に高まることを確認しています。

 

 ②のインターロイキン2は、ヘルパーT細胞から分泌される糖タンパクの一種(生理活性物質)です。ヘルパーT細胞自信やB細胞の増殖を促したり、NK細胞やキラーT細胞にも働きかけて、免疫機能の活性化をもたらします。

 

 さらに、インターフェロン・ガンマはキラーT細胞やLAK細胞、マクロファージといった免疫細胞の働きを活性化または調整して、腫瘍化した細胞やウイルスに侵された細胞を攻撃します。その結果、異常細胞は自殺を図り(アポトーシス)、ガンや自己免疫疾患(リウマチ、I型糖尿病、膠原病など)をはじめ、あらゆる病気の発生を防ぐことができるわけです。

 

 実際に、核酸成分を配合した粉ミルクを赤ちゃんに飲ませる実験を行ったところ、インターロイキン2やインターフェロン・ガンマの産生が高まり、細胞免疫が強化されることが確認されていますし、最近に対する抵抗力が高まり、感染症が減ったという研究結果も多数報告されています。


子育て, 核酸